[2018年7月]Intel Core i7 8700+M.2 SSDでWindowsマシンを組んで見る [自作]

自作マシンは思い立ったら!ということで、そろそろ2012年に作った古いWindowsゲームマシンを変えようかなと思ってほぼ最新スペック(2018年7月時)で組んでみました。

スペックは下記の通り

CPU: Intel Core i7 8700
M/B: ASUS H370-M PLUS(MicroATX)
MEM: CORSIAR 16GB(8x8GB)
SSD: Samsung 960 EVO M.2 500GB
Power: 玄人志向 KRPW-AK650W/88+
CPU FAN: CoolerMaster MLW-D12M-A20PW-R1
Case: Thermaltake Core V21
Windows10のインストール用USBとして、Buffaloの8GBのUSBメモリと、ディスプレイに繋ぐためのHDMIケーブル(AmazonBasic)も購入。

お値段は以下の通り。(2018年7月中旬の値段)

Intel Core i7 8700: 34,800円(ソフマップ・ドットコムから購入)
ASUS H370-M PLUS(MicroATX): 11,318円(Amazon.co.jpから購入)
CORSIAR 16GB(8x8GB): 20,937円(Amazon.co.jpから購入)
Samsung 960 EVO M.2 500GB: 19,884円(Amazon.co.jpから購入)
玄人志向 KRPW-AK650W/88+: 6,930円(Amazon.co.jpから購入)
CoolerMaster MLW-D12M-A20PW-R1: 6,571円(Amazon.co.jpから購入)
Thermaltake Core V21: 6,480円(Amazon.co.jpから購入)

パーツだけの合計金額は、106,920円(税込み)です。

あれ?と思った方もいるかも知れませんが、グラフィックボードがありません。
というのも、2018年7月現在では、GeForce10xx系はすでにリリースから2年が経過しており、ちょっと古いものとなっています。
2018年10月くらいに狙っているGeForce1160が出るようなのでそのときに買おうと思いました。
また、現在グラボはマイニング特需で値段があまり下がっておらず、ミドルレンジのGeForce1060でも33,000円くらいはします。
今回のIntel Core i7のCPUには内蔵グラボが搭載されているので、GeForce2000番台が出るまでそれで様子見します。

CPUはCore i7 8700とCore i7 8700Kで迷いましたが、K付きの方はオーバークロック(またはダウンクロック)可能ですが、TDPが高い。今現在はさほど値段差はありませんが、7月中旬は5000円くらい差額がありました。
8700無印の方は、TDPが65Wと低めなことから選びました。(+オーバークロックもしない)

もちろん8000番台なので、8世代のCPUで、6コア12スレッド(ハイパースレッディング)です。

ATXのマザーボードは拡張性がいいのですが、やはりケースがミドルタワーになるという点から、今回はMicroATXのキューブ型で組んでみようと思いちょうどよい感じのThermaltake Core V21を発見。こちらで組むことにしました。しかしこのケース、届いてから実はでかいことが判明。詳細は後半で。

i7win_1

今回購入したパーツ達。ケースだけ2日ほど遅れて到着したのでここにはありません。

i7win_2

今回、M.2 SSDのヒートシンクも買ってみました。長尾製作所のM.2ヒートシンクになります。
Windows10インストール用のUSBメモリ(8GB)と、HDMIケーブル

i7win_3

SSDはNVMe対応のSumsung 960 EVO M.2。コスパがよく速度も出るのでこれにしました。
970 EVOも出ていますが、タイムセールでやすかったのでこちらをチョイス。

i7win_4

まずはM.2SSDにヒートシンクを貼ります。

i7win_5

チップ面を上にして位置を決めます。(ネジ位置をあわせる)

i7win_6

M.2ヒートシンクには熱伝導シートが着いているので軽く接着された状態になります。

i7win_7

ここに更に付属のシールを貼り完全に固定します。これでM.2の処理は終わりです。

最近のM.2は発熱が多いみたいで、高熱によるサーマルスロットリングが発動しないようにします。

i7win_8

電源は、玄人志向の650Wのものをチョイス。80PlusのSilver認定を受けています。グレードが良いほど変換効率が高いものとなっています。
他にBronze、Gold、Platinumがありますが、Gold以上はちょっと高くなるのでSilverで妥協。

i7win_9

プラグイン式にすればよかったとちょっと後悔。
5インチベイと2.5インチベイには何もつけない予定なので、SATAの電源ケーブルがすべて不要です。

i7win_10

メモリは1年ほど前から高騰してるので、8GB+8GBの16GBで妥協。本当は32GB積みたかったのですが
16GBでも2万するという...。ちょっと前までは16GBでも8000円くらいでした。
しかし、マザーボードにはメモリが4スロットあるのであとから増設もできます。

i7win_11

CORSAIRのDDR4メモリです。標準状態でヒートシンクが付いています。
最近、メモリがLEDで光るという商品が出てきていますが、特に光らせる予定はないのでこれにしました。

i7win_12

CPUクーラー。今回はどうぇ管理人は水冷にチャレンジしてみました。
水冷といっても、簡易水冷なので、特にメンテ不要で使える簡易的な水冷です。
液体の追加なども必要なく便利なものとなっています。

i7win_13

ファン全体はこんな感じ。
CPUの熱を液体で冷やして、ラジエータに送り12cmのファンで冷却します。

i7win_14

ラジエータの大きさはiPhoneXよりも小さいくらいです。

i7win_15

CPU。Intel Core i7 8700(無印)です。

i7win_16

8世代のCPUは従来の4コアから6コアに増えておりパフォーマンスが上がっています。
ただ、TDPも上がるので、そこは無印の8700にしてちょっと抑えてるイメージです。
AMD Ryzenも考えたのですが、やはりゲームに多いシングルスレッドに強いのはIntelのCPUかなと思ってIntel製にしました。
しかしRyzenのコア数は魅力的です。

i7win_17

マザーボード。安定のASUS。PRIMEシリーズのH370M-PLUSというマザーボードです。

決め手となったのは、フォームファクタがMicroATX、メモリスロットが4、USB-C端子がある、Intel製NICであるという点です。

i7win_18

マザーボード全体。M.2スロットが2つあり、疑似RAIDで組むことも可能です。
ただ、M.2_1はPCI-E 2x(またはSATA型) M.2_2はPCI-E 4xで動作するようです。

i7win_19

M.2スロット。こちらはSATA対応の方のスロットなのでつかません。

i7win_20

メモリスロット。デュアルチャンネルで使用するため、2本1組で使用します。
向かって右奥側から2本刺します。

i7win_21

バックパネル。
PS/2が残っているのが懐かしいです。
その下にUSB2のポートx2
他にVGAポート、DVIポート、HDMIポート、USB-Cポート、USB3.1Gen2x2、LANポート(IntelNIC)、USB3.1ポートx2、オーディオポートがあります。

i7win_22

CPUの取り付けです。普通にくぼみに沿ってはめ込む形なので入れ間違えはないです。
CPUを固定するときのレバーはいつも緊張します。

i7win_23

M.2 SSDの取り付けです。1はSATA兼用で遅いので2番の方に取り付けます。

i7win_24

ヒートシンク付きで不格好ですが、ネジを締めて固定完了。

i7win_25

CPUクーラの取り付けにかかります。
リテールファンの取り付けですと上からただのせるだけで良いのですが水冷ポンプでちょっと重いので
マザーボード裏側に補助金具を付けます。

i7win_26

ポンプ自体にも補助金具を固定する金具を取り付けます。(ドライバー必要)
今回のCPUソケットはLGA1151なので、マニュアルのLGA1151を見ながら作業します。

i7win_27

背面から補助金具を差し込んだ図。

i7win_28

裏返すとネジが下から出てきていますので、ここにポンプを取り付けます。
ポンプを取り付ける前にCPUに熱伝導グリースをつけるのを忘れずに。グリースはCPUクーラーに付属しています。
グリースは塗りすぎず薄めに指で伸ばして塗ると良いでしょう。

i7win_29

ポンプを取り付けます。

i7win_30

ASUSのH370M-PLUSのマザーボードにはAIO_PUMPというオールインワンポンプ用の端子がありますので、こちらにポンプ側のファンコネクタを接続します。
AIOは All In One の略らしいです。

i7win_31

PCケースがない状態で不安定ですが、ラジエータにファンを固定。このファンから出ているコネクタはマザーボードのCPU_FANのコネクタに接続します。

i7win_32

メモリの取り付け。向きは決まっているので簡単です。

i7win_33

一通り組み込んだのでむき出しの状態ですがテスト通電をしてみます。
PCI-E 16xの部分がちょっとだけ光るマザーボードです。

i7win_34

ケースなしの状態で通電させるにはマニュアルを見ながら、PWR_BTNのピンをマイナスドライバーでショートさせます。
慣れてない方はおとなしくケースのスイッチを接続してからのほうが良いです。

i7win_35

通電しました。CPUの水冷クーラーは電源ON時にチョロチョロチョローっと音がしますがほぼ無音。
ラジエータにつながっているファンも気にならない程度の音です。

i7win_36

BIOS画面。CPU Fan Error!と出てますが、これはラジエータについているファンを間違ってケースファンのところに接続しているからでした。
ここでファンの接続先を変更。CPU メモリともに問題なく認識されているので、F1キーを押してUEFIに入ります。

i7win_37

UEFI画面です。ASUSはUEFI上からQ-FANと呼ばれるファンコントロール機能があるので、これを有効にし、モードを「Silent」に設定。
これでファンの回転数がかなり落ち、静かになります。

i7win_39

とりあえずUEFIから行えるBIOSのアップデートを行います。
最近のUEFIのBIOSはLANを自動認識してUEFI上から更新ができるので楽に適用できます。
適用は5分位かかります。

i7win_41

続いてメモリにエラーがないか、USB CD/DVDドライブを接続し(USBに作成しても可)、予め用意しておいた、Memtest86+を動かします。
2時間ほどテストしていましたが問題はありませんでした。

i7win_42

M.2 SSDはUEFIで認識されているのかチェックしたところ、ちゃんとNVMeとして、Samsung SSD 960 EVO 500GBが認識されていました。

i7win_43

次にWindows10のインストールですが、起動→セキュアブートメニュー→UEFIモードになっているのを確認します。

i7win_44

Windows10のインストール中。
はどうぇ管理人は、ここでつまづきました。M.2 SSDが認識されないという現象が起きたのです。
その詳細の記事は「Macしかない環境でWindows10のISOをブータブルUSBに作成[M.2 SSDが認識されない]」にまとめております。
この問題はMacしかなくなおかつ最新macOSでUSBメモリにhdiutil / dd コマンドUSBメモリを作成している場合で発生しました。
通常ですと問題ないかと思います。

i7win_45

Windows10が起動しました。
いくつかLANドライバなどが入っていなかったので、マザーボード付属のDVDからドライバをインストールします。

i7win_46

無事、ドライバーのインストールも完了し、いざタスクマネージャへ。ちゃんと6コア12スレッドとして認識されています。

使用ワット数、ベンチマークなどの結果は「[2018年7月]Core i7 8700+M.2 SSD(960EVO)環境の使用電力、ベンチマークなど」の記事にまとめます。

使用ケース Thermaltake V21への組み込みは「[2018年7月]Thermaltake V21へ電源、マザーボードを組み込む」の記事にまとめます。


今回使用したパーツ

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

Macしかない環境でWindows10のISOをブータブルUSBに作成[M.2 SSDが認識されない]

  •  
  •  
  •  Category:
  • Windows10

Macしかない環境で、Windows10のISOをUSBディスクにブータブルUSBとして作成するには少しコツがいります。

通常、他のサイトで紹介されている、ターミナルを使った hdiutil コマンド及び dd コマンドでUSBでは普通に作成でき、ブートもできるのですが
Windows10セットアップ時にドライバが存在せず、M.2 SSD が認識されない(厳密に言うと認識はされているがセットアップ時にドライブが見つからない)という状態に陥りました。

win10_m2ssd.JPG

※修復ツールのPowershellからdiskpartコマンドをすると、465GBのディスクが認識されてはいます。

外部DVDドライブがあればISOを直接DVDに焼くことで問題なくブートできると思いますが、最近のMacにはドライブが付いていません。別途USB DVDドライブなどを持っていればこの手順は不要となります。

何時間か試行錯誤してやっと解決策があったのでメモ程度に記述しておきます。

なお、Windowsの他のマシンがある場合は、rufus を使ったほうが楽に作成することができます。

hdiutil 及び dd を使用したUSBディスクの作成参考サイト: MacでWindows 10の起動ディスク(USBメモリ)を作成する方法

Macしかない環境ではこのWindows10のブータブルUSBが一見、作成が問題なくできているように見えますがM.2 SSD(もしくはチップセット?)のドライバを読み込めず、インストールが出来ないという現象が発生しました。

用意するもの:

Windows10のISO
unetbootin
8GB以上のUSBメモリ

原理的にはisolinuxをUSBメモリから起動し、その後Windows10のセットアップをブートしているようです。

unetbootinはMacでLinuxのブータブルUSBを作成するツールのようですが、Windows10のISOを作成するときにも使用できます。

まずは、用意した8GBのUSBメモリをディスクユーティリティからFAT (MS-DOS) / マスターブートレコードでフォーマットします。

次に接続されているデバイスのデバイス番号を取得します。

ディスクユーティリティからも見えますが、ターミナルで diskutil list と入力してもOKです。

ここでは /dev/disk2s1 として説明します。

unetbootin.png

DiskImage を選択肢、ダウンロードしたWindows10のISOへのパスを選択します。
その下の0MBとなっている部分は、0のままで問題ありません。
TypeをUSB Driveで、Driveを先程確認した /dev/disk2s1 になっていれば、そのままOKを押すと作成が開始されます。

あとはこのUSBメモリを使い、Windowsをインストールしたいマシンに接続し、ブートすると一瞬isolinuxが起動しその後通常通りWindows10のセットアップが走ります。

hdiutil / dd コマンドでうまくISO→USBが作成されなかった例: マザボ、ASUS PRIME H370-PLUS、M.2 SSD smsung 960 EVO