Amazonのデリバリープロバイダ SBS即配サービスで時間帯指定されてない荷物を早く持ってきてくれることはできるかどうか

関東圏の一部で使われている、Amazonが発送する品で発送がSBS即配サービスのときがあります。

SBS即配サービスの評判をネットで見てもあまり良いものはありません。

そこで、今回AmazonがSBS即配サービスで発送した時間帯指定なしの荷物を早く受け取れるかということを電話で確認してみました。

【結論】

無理でした

というのも、基本的にはどうぇ管理人は午前指定にしてAmazonからの荷物を受け取ることが多いです。

で、大体すぐ発送されるものに関しては午前指定にするのですが、品によるのか倉庫の場所によるのか運なのかはわかりませんが50%くらいの確率でSBS即配サービスになります。(もう一方はヤマト運輸)

今回、入荷が先な品をAmazonで買い、到着予定日より早まって着荷する予定でした。

しかし平日で午後からの受け取りが厳しく、もし可能なら午前に持ってきてほしいということをSBS即配サービスに電話して確認してみました。

まず、電話が繋がりづらかったのが1点。(電話したのは平日朝9時5分くらい)

5分ほど待ってつながったはいいものの、「このお荷物は時間帯指定がされていないのでルート配達になります」と言われ早めに持ってくることはできないとのことでした。

「もし不在の場合は不在票を残すので翌日以降に時間帯指定をしてほしい」とも言われました。

当たり前といえば当たり前なんですが、配達員の作業負荷(再配達等)を考えると1回で受け取りたいのは事実。

ちなみにヤマトの場合は時間帯指定してなかった場合、事前に連携していればLINE、クロネコメンバーズであればメールで時間帯指定が可能になっています。
また、佐川急便でもメンバー登録していれば前日に配達時間帯を指定することができます。

佐川は今はもうAmazonでの配送業者ではないですが、未だ多くの通販サイトなどで利用されています。

Amazonの荷物を必ずヤマト発送にするには、送り先を最寄りのコンビニにすると良いです。

ただその場合は即日配送ではなかったり、翌日になることもありますが夜中でも取りにいけるので便利ではあります。

Amazonは印象的に即日配送または買うときに在庫がなかった商品に関してはSBS即配サービス(デリバリープロバイダ)で送ってくることが多いです。(即日配送の場合は16時以降に来るイメージ)
ただ今回の場合はAmazonは前日に発送しましたとメールが来てました。

最近ではAmazonは置き配サービスを始めてますが、これは一部のデリバリープロバイダだけでしか行われていないらしく、前に置き配場所を「玄関」に指定したのですがSBS即配サービスは普通に不在票を残して帰っていきました。

現時点(関東圏の一部)では、Amazonでの買い物は日付指定、日時指定しようとしまいと住んでいる地域によってはヤマトもしくはSBS即配サービスになるのでユーザ側が選べないという欠点もあります。

ちなみに時間指定してない荷物は朝9時に配達中にステータスが変わりましたが12時前に到着しました。