Apple Watch Series 4 開封の儀

2018年9月21日(金)AppleからApple Watch Series 4 が発売されました。

その開封の儀を書きたいと思います。

applewatch4_1.jpg

商品は予約開始2018年9月14日16時の10分後にオーダー。
配送予定日が発売日の9月21日でした。
ヤマト運輸にて到着。長い箱です。

applewatch4_2.jpg

箱を開けると WATCH の文字。

applewatch4_3.jpg

裏面。
マスクかけてる部分はシリアル番号となります。
はどうぇ管理人は腕が細いほうなのでスペースグレイの40mm(GPSモデル)を購入。

applewatch4_4.jpg

シュリンクが開けやすいようになってます。

applewatch4_5.jpg

こんな感じではがせます。
いつもはシュリンク残す派なのですが今回は豪快に開封。

applewatch4_6.jpg

開けたところ。
本体とバンドが別々に入っています。
バンドはラバーのスポーツバンドを選びました。

applewatch4_7.jpg

スポーツバンド、スペースブラックステンレススチールピンとの記述があります。

applewatch4_8.jpg

いざ本体。
本体はスポンジにくるまれていました。

applewatch4_9.jpg

説明書を取り除いた図。
マグネット式の充電器とUSB充電器がでてきます。

applewatch4_10.jpg

こちらはスポーツバンド。

applewatch4_11.jpg

Sサイズのバンドも同梱されていました。

applewatch4_12.jpg

本体に金属バンド(Amazonで別途買ったもの)をつけてみたところです。
ちょっと黒すぎるかな...とおもったので、スポーツバンドに変更。
ちなみにAmazonの商品は38mmのでピッタリ合いました。

applewatch4_13.jpg

マグネット式充電器において電源On

applewatch4_14.jpg

スマートブレスレットと並べてつけてみました。
縦の長さはスマートブレスレットと同じくらいですが横幅は倍くらいあります。

applewatch4_15.jpg

スポーツバンドに取り替えてつけてみた図

黒でまとまっておりしっくり来ています。

セットアップは、iPhoneとペアリングしてiPhoneから行う感じになります。
アプリなど、いろいろ使ってみたいと思います。


MacBook Pro late 2016(TouchBarあり)のロジックボード交換

はどうぇ管理人は、以前、キーボードが連続入力されるという不具合から

交換プログラムを使用し、キーボード及びバッテリーを取り替えました。

それから難なく使用していたのですが、ふとYahooなり、AppleイベントのKeynoteをSafariでページ内に埋め込まれている動画見ていたところ

1秒に1度の頻度でコマ落ち(カーソルも止まる)という現象が発生しました。

おそらく、キーボード及びバッテリー交換後から起こっていたのだと思います。

Google Chromeでは同じ問題は起きなかったのですが、気味が悪いのでAppleStoreのジーニアスバーを予約。

持ち込んで見ました。

1、診断

ジーニアスバーのスタッフの目の前でも同様の現象が再現しました。

スタッフ曰く、99.95%グラボの問題だけど、もしかしたらOS(またはSafari)の問題かもしれないとのことで、別ユーザ作成と初期化を試してみることに。

TimeMachineでバックアップは取ってあるので初期化は問題なかったので試してみましたが

同様の現象が発生。どうやら、グラフィックボードのエンコード/デコード部分がおかしいらしいです。

スタッフは「非常に珍しいレアケース」と言っていましたが修理行きとなりました。

ちなみに修理代金は、ロジックボード本体で45000円、工費で9300円。計54300円です。

今回の場合、キーボード交換プログラムのあとで90日以内だったので、Repeat Repairという保証期間内でしたので無料でした。

(AppleCareでも無料です)

修理は、ストア内で行うようで、厚木にあるリペアセンターでは行わないようです。

2、修理にかかった時間

修理は最長1週間かかるとのことを言われて普段仕事で使用しているものなので

早く終わらないかなーと待っていたところ、預けてから3日経ったところで

「修理が終わりました」との連絡が来ました。

3、確認

ロジックボードをまるっと交換ということは、MacBook Pro 2016 TouchBar付きのものの場合、SSDやメモリもロジックボードに取り付けられているため、データはすべてなくなります。

逆を言うと2年ほど使ったSSDが新品になるので、これはこれでいいかな?とか思ってしまいました。

発生していた問題も発生せず、無事治って返ってきました。

4、TimeMachineからの復元

timemachine.jpg

TimeMachineからの復元はちょっと手間取りました。

まず、ロジックボード交換でSSDの内容が消去されているのですが、そのままNASにあるTimeMachineから復元できるかな?と思ったのですが

ずっとバックアップを読込中...で止まり、復元できませんでした。

あれ?と思い、普通にOSをセットアップして起動してみたところ、OSがSierra。

そりゃそうですよね、当時のOSはSierraなのでベースのOSはSierra。TimeMachineのバックアップはHigh Sierraのもの。OSのバージョンが異なると復元できません。

ということで、まずはOSのアップデートから。

OSアップデート後、再度起動時にCmd+Rを押してリカバリモードで起動し

TimeMachineからの復元を行ったところ無事復元することができました。

復元にかかった時間は3時間。NAS経由だとやはり転送速度の問題で遅いですね。

5、疑問点

ロジックボードが交換になり、ロジックボードのシリアル番号も変わっています。

このため、今までつけていたApple Careが古い方(故障したほう)に適用されている可能性があるのでAppleに電話してきいてみたいと思います。

と、思ったのですが、リンゴマーク→このMacについて で見たところ、シリアル番号は変わっていませんでした。
Macはどこからシリアル番号を取っているのかが謎です。

6、思ったこと

MacBook Pro late 2016 は初めてフルモデルチェンジした初版です。

Appleのはじめてのモデルは人柱になる必要がある、不具合がある、とよく言われていますが

はどうぇ管理人もこれに巻き込まれ(?)ました。

交換プログラムがないのに同等の症状が起きた場合毎回5万を取られると思うとゾッとします。

MacのApple Careはいらないという意見も多数ありますが、今回の場合、本当保険ですが、Apple Careに入っていてよかったと思ってます。(実際にはCareは使用していませんが)

なお、はどうぇ管理人所有のiPhoneとiPadはCareには未加入です。

関連: MacBook Pro late 2016(TouchBarあり)のキーボード及びバッテリー膨張の交換修理


MacBook Pro late 2016(TouchBarあり)のキーボード及びバッテリー膨張の交換修理

管理人所有のMacBook Pro 13インチ(Late2016、TouchBarあり)のキーボードの一部のキーが
反復入力される、または押されないという現象が発覚したので
Apple Storeに持ち込んでみました。
まずは、ジーニアスバーの予約からです。
Appleに電話したところ配送修理も行っているみたいですが、店舗によって即日修理してくれるかもしれないとのことで、Apple Storeへ行ってみました。
予約はかなり取りづらく、5日先とかの予約になりました。

ジーニアスバーでの状況説明
キーボードの一部のキーが効きづらいという申告をしたところ現在Appleから発表されている交換プログラムの適用との説明を受けました。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム(2018年6月22日掲載)
https://www.apple.com/jp/support/keyboard-service-program-for-macbook-and-macbook-pro/

そしてジーニアスバーでスタッフを待っているときに、平らなテーブルに置いて気がついたのですが
なんとなく水平でない(背面中央が浮いている?)感じがして、そのこともスタッフに聞いてみたところ
目視で確認してくれて、バッテリーが膨張してますね。と言われました。

MacBook Pro 13(Late2016)以降の場合、キーボードのみ、バッテリーのみの修理は行っておらず、TOPケースすべてを交換(要するに、ディスプレイから下すべて)必要があるようです。

提案された交換はTOPケース及びハードウェア交換費用で43,000円でした。
ただ、キーボードは交換プログラムがあるので無料、バッテリーの交換もそれに含んでいるようです。
ちなみに管理人はApple Care for Macに入ってますが、膨張したバッテリーの交換はApple Care for Macに入っていると無償らしいです。
(今回の場合、キーボードの交換プログラムだけでバッテリーも交換してくれるのか、キーボード+Apple Careを使ってバッテリーの無償交換なのかは不明です、おそらくTOPケースまるごと交換と提案されたので、キーボードの交換プログラムにバッテリーが含まれている可能性は大です)

そして肝心な修理期間ですが、交換プログラムが出てからまだ日が経っていないので、混み合ってるとのこと。即日修理はやっておらず、リペアセンターに送って修理になるそうで、3〜最長2週間かかると言われました。
その日は見積もりだけもらい一旦帰り、後日予約無しで預けに行きました。
(MacBook Proを預けるだけだと事前のジーニアスバーの予約なしでも見積書があれば短時間で対応してくれます)

以下返送されるまで時系列で書いていきます。


2018年7月25日昼頃
預け修理を決意し、Apple Storeへ持ち込み。ジーニアスバーには予約せず持っていき再度見積書をもらう。
そこには最初に見積もりをもらったときの内容と異なり「Flat Rate 2 Repair Charge MB/MBAIR/MBP13」という説明が書かれており、値段は53,000円となっていました。
なぜ1万円も上がってるのかはツッコミはしませんでしたが、そのまま預けました。

Apple のマイサポート(https://mysupport.apple.com/)から状態がわかるのですが、この時点ではまだ
2018年7月25日:
まもなくお客様の製品をリペアセンターに発送します。

となっていました。

mbp1.png

2018年7月26日
変化なし。マイサポートのページも変わらず。
表記は「まもなくお客様の製品をリペアセンターに発送します。」

2018年7月27日
AM 9:00頃 ステータスが変化しました。検査しているようです。
お客様の製品を検査しています。
「2018年7月27日:
技術者が、問題を診断するため、お客様の製品を調べています。」

PM 14:00頃ステータスが変化。修理が完了したようです。
「お客様の製品は発送済みです。
2018年7月27日:
お客様が修理サービスを依頼した Apple Store に、製品を発送しました。
通信事業者: ヤマト運輸株式会社
トラッキング番号: xxxxxxxxxxxxxxxx」

mbp2.png

ちなみにAppleのリペアセンターは神奈川県厚木にあるらしいです。

mbp3.png

2018年7月28日
ヤマトの荷物はApple Storeに9:00頃到着していたようですが、まだApple Storeからは連絡は来ず。
PM 1:00頃、「製品をお渡しする準備ができました」という件名でメールが来たので
Apple Storeに向かいました。
Apple Storeに着いて見積書(兼引き渡し書)を渡すと5分位で修理の完了したMacBook Proを受け取ることができました。
SSDのデータはそのままで、トップケース及びバッテリーを交換とのこと。
他の事例で見かけたのですがバッテリー膨張でボトムケース(シリアル番号が書かれている部分)も交換になってるのかな?と見たところ、ボトムケースはそのままでした。
背面で膨らんでいる部分がちょっと色が変わっていたのでここはちょっと残念。
キーボードもキーが最新のMac(?)のキーアイコンに変わっていました。
とりあえずバッテリーの膨らみ及びバッテリーが無償で直ったので良かったです。
またUSB-C(Thunderbolt)部分にUSB-Cを指してみたのですが、前は結構ガバガバだったのですがこれもカチッっとはまるように直っていました。

一緒に入っていた書類のサービス確認書を見たところ下記の項目になっていました。

Top Case with Battery, ANSI, Space Gray
Replacement Serial No: XXXXXXXXXXXXXXXXXXX ¥ 34,800
Flat Rate 2 Repair Charge MB/MBAIR/MBP13 ¥ 53,000
消費税 ¥ 0
合計 ¥ 87,800

※請求は0円です。

mbp4.jpg

mbp5.jpg

修理期間:
2018年7月25日昼頃預ける

2018年7月28日昼受け取り
と、最短の3営業日で対応してもらいました。


Apple MacBook Pro 13.3インチ(late 2016) ベンチマーク

今回は、MacBook Pro13.3インチ(SSD 512GBモデル)のベンチマークを取ってみたのでその結果を見ていきたいと思います。

なお、画像はすべてクリックすると原寸大の画像になります。

ディスクのベンチマーク

Black Magic Disk Speed Test

macbookpro13_20.jpg
メーターが振り切れんばかりにMAXまで上昇しています。ほぼ2000MB/s出ています。

macbookpro13_31.png
なお、こちらははどうぇ管理人が元使っていたMacBook Air 11インチ(mid 2011)のベンチ結果です。
差を見比べると一目瞭然です。

SSDは書き込みが多いと劣化するようですが、MacBook Airはその影響をもろに受けている模様です。

AmorphousDiskMark

AmorphousDiskMarkはWindowsで定番な、Crystal Disk MarkのMac版と言えるツールになっています。
ただ、Black Magic Disk Speed Testと違った結果となっています。
また、4kでの書き込みが非常に遅く、2GiBのベンチマークでおおよそ2〜3時間かかっていました。
早すぎて対応していないのか、それともソフト側に何か不都合があるのかは不明です。
主にこのブログでは、シーケンシャルの値(Seq)を見て判別しています。

macbookpro13_21.png
MacBookPro 13.3インチ 512GB SSDのベンチ結果

macbookpro13_32.png
ちなみに約5年使ったMacBook Airはこんな感じの値です。

MacBook ProはReadが2000MB/s(秒間2GB!)超えとかなり良いスコアになっています。

Geek Bench

有料ソフトですが、Geek Bench 4 for macの結果です。

macbookpro13_28.png
スコアはシングルコアが4016マルチコアが8046となっています。

ちなみに、MacBook Air(mid 2011)Core i7 1.8GHz はシングルコア2627マルチコアが4339でした。
Mac mini(mid 2011)Core i7 2GHz はシングルコアで2873マルチコアで8627でした。
Mac miniの Core i7 はデュアルコア(4スレッド)なのですが、デュアルコアしかないMacBook Proがデュアルコア(4スレッド)に勝る勢いになっています。

Wi-Fiの速度

macbookpro13_29.png
新しい MacBook Pro は無線規格 IEEE1394 ac に対応しています。
無線親機がacに対応していれば、最大速度1300Mbpsでのレートが出ます。

iperf という転送速度を測るソフトを使ってみました。

転送は下記の構成です。
[Mac mini(Server)]==ギガビットイーサ==[ルータ]::::無線::::[MacBook Pro(Client)]

macbookpro13_30.png
無線なので、安定はしませんが、500〜750Mbps出ていることがわかります。


Apple MacBook Pro 13.3インチ(Touch Bar late2016)開封の儀

MacBook Pro 13.3インチ開封の儀

2016年11月に新しいMacBook Proが発表されました。

何と言っても、新しい目玉は「Touch Bar」と呼ばれる、Fnキー(ファンクションキー)がタッチ式になり、
アプリ側でその操作ができるようになったり、アプリを簡単に操作できるようになったりしています。
しかも「Touch Bar」付きモデルはiPhone iPad(mini4以降)でおなじみの指紋認証ができる「Touch ID」に対応しています。

今回はその開封の儀を書いていきます。
はどうぇ管理人が購入したのは13.3インチモデルの、カスタマイズモデルです。
カスタマイズモデルはApple Storeオンラインからのみ買うことができます。
Touch Bar付き、Core i7 3.3GB 16GB MEM 512GB SSD 英語キーボード + Apple Care で、約32万(税込み)でした。

macbookpro13_1.jpg
箱です。2016年12月7日にオーダーして、納品予定日は12月24日〜2017年1月1日でした。(約2〜3週間)
12月22日に中国・上海の工場から出荷されたとの通知が来て一番短い納期の12月24日に受け取ることができました。(運送はヤマト運輸)

macbookpro13_2.jpg
箱にも開けやすいようAppleのこだわりが感じられます。

macbookpro13_3.jpg
箱を開けるとその中にMacBook Proが。

macbookpro13_4.jpg
箱から取り出したMacbook Pro

macbookpro13_5.jpg
nanacoカードとの比較。箱の厚さはほぼnanacoカードと一緒です。

macbookpro13_6.jpg
はどうぇ管理人はシュリンクも残しておきたい性格なので、カッターで丁寧に開けていきます。

macbookpro13_7.jpg
箱の裏にはMacBook Pro 13-inchと、CPU、MEMORY、SSDの表記がなされています。
モデル番号は「A1706」です。

macbookpro13_8.jpg
いざ、開封。
カラーはシルバーとスペースグレーの2色から選べますが、はどうぇ管理人はスペースグレーをチョイスしました。

macbookpro13_9.jpg
付属品、説明書及び充電器、充電ケーブル(USB-C→USB-C)が同梱されています。

macbookpro13_10.jpg
同梱物

macbookpro13_11.jpg
電源アダプタはUSB-Cの端子が一つしかないシンプルなものになっています。

macbookpro13_12.jpg
13.3インチは61Wの電源アダプタになります。

macbookpro13_13.jpg
いざ、本体の開封です。
使用する際にはインターネット接続が必要とのこと。

macbookpro13_15.jpg
iPad mini4(スペースグレー) との比較です。色は少しMacBook Proのほうが黒い感じです。

macbookpro13_16.jpg
でました、目玉のTouch Bar。ここが液晶兼、タッチできるようになっています。

macbookpro13_17.jpg
セットアップ中にTouch IDの登録も求められます。

macbookpro13_18.jpg
このTouch Barカスタマイズできるようになっており、はどうぇ管理人はデスクトップ表示及び音量調整、ミュートにカスタマイズしました。

macbookpro13_19.jpg
Touch IDを使ったインストーラー。
インストーラーが対応していれば、Touch IDにてインストールすることができます。

総評

Touch Bar はいらないという意見もあるようですが、はどうぇ管理人はそれほどFnキーを多用しないので、
全然ありかなと思いました。
ベンチマークなどの記事も上げていきたいと思います。

評価

★★★★★(5点中5点)