HUAWEI MediaPad M5 Lite 8 レビュー[開封の儀、ベンチマーク]

現在HUAWEIの端末がGoogleや米政府から制限食らったりと色々ありますが、

なんとなく8インチのタブレットが欲しかったのであえてHUAWEIのMediaPad M5 Lite 8を購入してみました。
ベンチマークなどを紹介していきたいと思います。

Amazon.co.jpから、20,281円(2019/9/21購入)

まずは箱から。

ついでに対応したグラスフィルムも買ってみました。(880円)

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_1.jpg

箱です。見た目はiPad Miniに近い感じ。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_2.jpg

CPUはオクタコア(8CPU)、フルHDディスプレイ、8インチ、メモリは3GB、内部ストレージは32GBのモデルとなります。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_3.jpg

箱を開けた状態

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_4.jpg

本体、USB充電器、ケーブル、マニュアルがはいっていました。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_5.jpg

見にくいですが、充電器の仕様は5V=2Aの10WのACアダプタとなります。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_6.jpg

充電のMicroUSB。USB-Cに対応してほしかった!

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_7.jpg

画面向かって右側に音量ボタン、電源ボタンがあります。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_8.jpg

画面下にはステレオ端子。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_9.jpg

左側にはSIMスロットがありますが、これはWi-Fiモデルなので使用しません。
別途、3G4G(LTE)対応の製品もありますが、今回は使用しないので、Wi-Fiモデルにしました。LTEモデルになると+5000〜6000円アップします。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_10.jpg

電源On

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_11.jpg

設定が始まります。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_12.jpg

アップデートを確認。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_13.jpg

HUAWEI IDがあれば色々できるらしいのですが、今色々問題となっているのですべてOff、スルーしました。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_14.jpg

起動時の画面。

HUAWEI製のアプリは入っていますが、GooglePlayStoreもはいっていて基本はこちらを使う形にしようと思います。
逆にHUAWEI製のアプリは使う気がないので基本Offか、アンインストールします。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_15.jpg

OSのバージョンはAndroid9、EMUIという独自のOS(?)が載っているみたいですが、ベースはAndroid9となります。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_16.jpg

CPUのコア数は8でそれぞれが動作していることが確認できます。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_17.jpg

一方前に購入したASUS ZenPad Z301MFLは4コアでした。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_18.jpg

antutu ベンチマークで計測した結果、スコアは119534となりました。

これは、簡単に言うと2年前くらいの当時ハイスペック(ハイエンド)のスマホより良い結果となっています。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_19.jpg

なお、以前に購入した、ASUS Z301MFLは44184という結果に。

huawei_mediapad_m5_Lite_touch_20.jpg

ZenPad(10.1インチ)、MediaPad M5(8インチ)、iPhone XS を並べてみました。

ちょうどよい大きさではあります。

総評

現在世間を騒がせているHUAWEIですが、この端末(MediaPad M5 Lite 8)はまだGooglePlayStoreが使用できるので
特段困っていることはありません。

そもそも、今回の購入理由がほぼAndroidの検証用の端末用途なので、ガシガシ使う予定はありません。

ベンチマークのスコアもほどほどよく、この値段にしては良い感じかとは思っています。

8インチタブレットをお探しの方でHUAWEIに抵抗がない方でしたらおすすめの商品となっています。

流石に重いゲームなどには耐えられないとは思います。

軽い作業や、Web閲覧、メール程度でしたら問題なくサクサク動きます。

ちなみに無線はWi-Fi5(ac規格)の2.4Ghz/5Ghzに対応していますが、リンク速度は5Ghzで433Mbpsのリンクでした。



ASUS ZenPad 10 Z301MFLレビュー

ASUS ZenPad 10 Z301MFL

購入: ECカレントから
購入日: 2017年09月24日
購入時価格: 29,376円

10インチのタブレットが欲しくて色々探してましたが、ASUSのZenPadをチョイスしました。
ASUSの10インチタブレットは色々出ていて、2017年09月23日にも新しいモデルが発売されています。
管理人はまずZenPad10sが色々あることに戸惑い、型番から調べることからはじめました。

1、Z300M(一番新しい)

→10.1インチ、1280x800ドット、LTE機能なし、Wi-Fiオンリー、Z301Mの廉価版、Android7.0、2万円程度

2、Z500M(この中では一番古い)

→9.7インチ、2048x1536ドット、LTE機能あり、指紋センサー、Android6.0、3万円程度

3、Z301MFL(今回購入したモデル)

→10.1インチ、1920x1200ドット、LTE機能有り、Android7.0、3万円程度

1はLTE機能はあってもなくても良かったのですが、解像度がちょっと低いのが難点なので見送りました。
2はちょっとハイスペックなのと、今回指紋センサーがいらなかったので3番にしました。

写真付きレビュー

z301mfl_2.JPG

箱です。

今回はアッシュグレーを選択。

z301mfl_3.JPG

箱の大きさをiPhone6sと比較。

z301mfl_4.JPG

箱を開けると本体があります。

z301mfl_5.JPG

付属品はシンプル。USB-A→USB-Cケーブル(1mくらい)、ACアダプタです。

z301mfl_6.JPG

ACアダプタの出力は2Aで高速充電ができるようです。

z301mfl_7.JPG

本体を取り出したところ。

裏面はメッシュ状(?)になってますがプラスティックです。

z301mfl_9.JPG

サイドボタン。

本体に向かって左側です。上から音量ボタン、ヘッドフォン端子、USB-C端子(USB2.0らしい)です。

z301mfl_11.JPG

本体下についているSIMスロットとMicroSDスロット。
SIMカードサイズはMicroSIMです。SIMフリーとなっています。
変換アダプタなど使うと破損する可能性があるので、使う場合はMicroSIMのサイズを用意したほうが良いです。

z301mfl_14.JPG

電源を入れて初回設定をし、Wi-Fiに接続するとアップデートがあったのでアップデートを開始しました。

z301mfl_13.JPG

システムのアップデート中。

z301mfl_15.JPG

アップデート完了。

このタブレットはAndroid7.0が採用されています。

z301mfl_12.JPG

一応iPhone6sとの比較。

z301mfl_16.JPG

SIMカードが刺さってないとSIMがないと表示が出るのでダミーのSIMカードを購入。

これはiPhone4用のアクティベート用MicroSIMですが、Amazonで60円で売ってました。(送料無料)
通信はできませんが、「SIMがありません」の表示は出なくなります。

z301mfl_1.JPG

保護フィルム(保護ガラスです)

900円でAmazonで売ってたので購入。それほど難しくなくつけることができました。

総評

管理人初となるAndroidタブレットです。

Androidはそれなりに使い慣れてますが、10インチクラスのタブレットは初めてでした。

電池はディスプレイつけっぱなし+通信しっぱなしで約4〜5時間、YouTubeだけなら7時間程度持ちます。

無線LANはIEEE1394 802.11 a/b/g/n に対応。(acには非対応)

充電時間は付属のACアダプタを使用したとき(2A)で3時間30分ほどで100%になります。

ただし、内蔵MEMが2GBしかないので、たくさんアプリを動かしたりするのには不向きだとは思います。

ほとんどバックグラウンド処理をさせてない状態(不要アプリ終了)で、空きメモリが500MB程しかありません。

管理人はまだ使ってませんが、AndroidならではのMicroSDでストレージを拡張できるのもGoodだと思います。
128GBまでのMicroSDカードを使用できるようです。

また、充電、データ通信がUSB2.0ですが、USB-Cというのも良い点です。

リバーシブルですし、MacBook ProとUSB-C→USB-Cで接続できます。

CPU性能はそれほど良くないですが、フルHDの動画を問題なく再生できますし、熱もつけっぱなしでもほとんどありません。YouTubeを再生しっぱなしでも熱くなることはありませんでした。

検証動画: 24fps→問題なし、60fps→再生に難あり、デコーダが問題?(どちらも内蔵プレイヤー及びVLC for androidにて検証)

評価

★★★★★

(5点中5点)



iijmio(Aタイプ)でSMSメッセージが送れない [Android]

  •  
  •  
  •  Category:
  • Android, SIM

iijmio_sim_sms.jpg

Zenfone福袋2017でZenfone MAXが入っていたので、2016年12月に契約した格安SIMのiij mio ミニマムスタートプラン(データ+SMS、月額1,040円)を入れて使ってみました。

契約はマルチSIM、SIMタイプはタイプA(auプラン)SMS付き(+140円/月、1通/3円)です。

APNを設定し、テザリングもブラウジングも良好で問題なかったのですが、SMSが送受信できないという不具合が発生しました。

メインで使っている電話番号(電話+SMS+データ)へメッセージを送信を試みるも

「現在メッセージを送信できません。サービスが利用できる状態になり次第送信されます。」

と表示されます。

ネット上で色々同じ現象の方がいたので調べてみたのですがどうやら

  1. セーフモードで起動してみる(電源ボタン長押しの後、電源を切るボタンを長押し)
  2. メッセージではなくメッセンジャーを使ってみる
  3. 本体を初期化してみる(元々初期状態でしたが)

という解決策があるようなのですが、はどうぇ管理人が全て上記を試してみてもSMSを送受信する事は出来ませんでした。

SIMフリーのiPhoneにもiijmioのSIMカードを差し込んでみましたが、現象は同じ。
SMS(iMessageはOffにしています)が送れない状態です。

結局iijmioのデータ+SMSのAタイプではSMSを使うことが出来ませんでした。

現在は、Freetelの使っただけプラン(docomo回線)+SMSタイプを使ってますが、Zenfone MAXで問題なく送受信できています。

iijmioは契約月の翌月(末日締め、途中で解約しても満額請求が来ます)でないと解約できないのですが、2017年1月末で解約しようと思います。
iijmioの回線でSMSを利用しようとしている人は注意が必要です。

iijmioのサイトのよくあるお問い合せには以下のQ&Aが書いています。

SMS機能付きのSIMカードを利用していますが、SMSの送受信ができません。

「特定のアプリで送受信ができない場合は、アプリ開発元にご確認ください。」

結局原因の切り分けが出来ないので、SMS付きでなおかつ安いFreetelへ移行を決めました。