Amazonポイントが仮確定のまま確定されない?

  •  
  •  
  •  Category:
  • Amazon

AmazonポイントはAmazonで購入すると、付与されるAmazonで使用できるポイントとなっています。

注文時に仮ポイントとなり、商品発送後(受け取り後)確定ポイントとなります。

しかし、仮ポイントを見たところ、過去のポイント(2015年〜2018年)もずっと仮ポイントのままの状態で、確定になっていないのでは?と思い
Amazonに問い合わせてみました。

仮ポイント

amazon_point1.png

細々買っていますが、これらはぱっと見、仮ポイントのままに見えます。

Amazonカスタマーセンターに夜中に問い合わせてみたのですが
夜中でも対応してくれました。

結論から言うと、仮ポイントになっているものは発送(受け取り)が完了すると
確定ポイントに入り、仮ポイントから消えないという仕組みらしいです。

14、18、1、72という仮ポイントは、確定ポイントの方を見るとちゃんと商品名に対しての確定ポイントが付与されており、問題ありませんでした。

amazon_point2.png

仮ポイントから確定ポイントに変わったものは、仮ポイントから消えてほしいですね...。


Apple Watch Series 4 開封の儀

2018年9月21日(金)AppleからApple Watch Series 4 が発売されました。

その開封の儀を書きたいと思います。

applewatch4_1.jpg

商品は予約開始2018年9月14日16時の10分後にオーダー。
配送予定日が発売日の9月21日でした。
ヤマト運輸にて到着。長い箱です。

applewatch4_2.jpg

箱を開けると WATCH の文字。

applewatch4_3.jpg

裏面。
マスクかけてる部分はシリアル番号となります。
はどうぇ管理人は腕が細いほうなのでスペースグレイの40mm(GPSモデル)を購入。

applewatch4_4.jpg

シュリンクが開けやすいようになってます。

applewatch4_5.jpg

こんな感じではがせます。
いつもはシュリンク残す派なのですが今回は豪快に開封。

applewatch4_6.jpg

開けたところ。
本体とバンドが別々に入っています。
バンドはラバーのスポーツバンドを選びました。

applewatch4_7.jpg

スポーツバンド、スペースブラックステンレススチールピンとの記述があります。

applewatch4_8.jpg

いざ本体。
本体はスポンジにくるまれていました。

applewatch4_9.jpg

説明書を取り除いた図。
マグネット式の充電器とUSB充電器がでてきます。

applewatch4_10.jpg

こちらはスポーツバンド。

applewatch4_11.jpg

Sサイズのバンドも同梱されていました。

applewatch4_12.jpg

本体に金属バンド(Amazonで別途買ったもの)をつけてみたところです。
ちょっと黒すぎるかな...とおもったので、スポーツバンドに変更。
ちなみにAmazonの商品は38mmのでピッタリ合いました。

applewatch4_13.jpg

マグネット式充電器において電源On

applewatch4_14.jpg

スマートブレスレットと並べてつけてみました。
縦の長さはスマートブレスレットと同じくらいですが横幅は倍くらいあります。

applewatch4_15.jpg

スポーツバンドに取り替えてつけてみた図

黒でまとまっておりしっくり来ています。

セットアップは、iPhoneとペアリングしてiPhoneから行う感じになります。
アプリなど、いろいろ使ってみたいと思います。


MacBook Pro late 2016(TouchBarあり)のロジックボード交換

はどうぇ管理人は、以前、キーボードが連続入力されるという不具合から

交換プログラムを使用し、キーボード及びバッテリーを取り替えました。

それから難なく使用していたのですが、ふとYahooなり、AppleイベントのKeynoteをSafariでページ内に埋め込まれている動画見ていたところ

1秒に1度の頻度でコマ落ち(カーソルも止まる)という現象が発生しました。

おそらく、キーボード及びバッテリー交換後から起こっていたのだと思います。

Google Chromeでは同じ問題は起きなかったのですが、気味が悪いのでAppleStoreのジーニアスバーを予約。

持ち込んで見ました。

1、診断

ジーニアスバーのスタッフの目の前でも同様の現象が再現しました。

スタッフ曰く、99.95%グラボの問題だけど、もしかしたらOS(またはSafari)の問題かもしれないとのことで、別ユーザ作成と初期化を試してみることに。

TimeMachineでバックアップは取ってあるので初期化は問題なかったので試してみましたが

同様の現象が発生。どうやら、グラフィックボードのエンコード/デコード部分がおかしいらしいです。

スタッフは「非常に珍しいレアケース」と言っていましたが修理行きとなりました。

ちなみに修理代金は、ロジックボード本体で45000円、工費で9300円。計54300円です。

今回の場合、キーボード交換プログラムのあとで90日以内だったので、Repeat Repairという保証期間内でしたので無料でした。

(AppleCareでも無料です)

修理は、ストア内で行うようで、厚木にあるリペアセンターでは行わないようです。

2、修理にかかった時間

修理は最長1週間かかるとのことを言われて普段仕事で使用しているものなので

早く終わらないかなーと待っていたところ、預けてから3日経ったところで

「修理が終わりました」との連絡が来ました。

3、確認

ロジックボードをまるっと交換ということは、MacBook Pro 2016 TouchBar付きのものの場合、SSDやメモリもロジックボードに取り付けられているため、データはすべてなくなります。

逆を言うと2年ほど使ったSSDが新品になるので、これはこれでいいかな?とか思ってしまいました。

発生していた問題も発生せず、無事治って返ってきました。

4、TimeMachineからの復元

timemachine.jpg

TimeMachineからの復元はちょっと手間取りました。

まず、ロジックボード交換でSSDの内容が消去されているのですが、そのままNASにあるTimeMachineから復元できるかな?と思ったのですが

ずっとバックアップを読込中...で止まり、復元できませんでした。

あれ?と思い、普通にOSをセットアップして起動してみたところ、OSがSierra。

そりゃそうですよね、当時のOSはSierraなのでベースのOSはSierra。TimeMachineのバックアップはHigh Sierraのもの。OSのバージョンが異なると復元できません。

ということで、まずはOSのアップデートから。

OSアップデート後、再度起動時にCmd+Rを押してリカバリモードで起動し

TimeMachineからの復元を行ったところ無事復元することができました。

復元にかかった時間は3時間。NAS経由だとやはり転送速度の問題で遅いですね。

5、疑問点

ロジックボードが交換になり、ロジックボードのシリアル番号も変わっています。

このため、今までつけていたApple Careが古い方(故障したほう)に適用されている可能性があるのでAppleに電話してきいてみたいと思います。

と、思ったのですが、リンゴマーク→このMacについて で見たところ、シリアル番号は変わっていませんでした。
Macはどこからシリアル番号を取っているのかが謎です。

6、思ったこと

MacBook Pro late 2016 は初めてフルモデルチェンジした初版です。

Appleのはじめてのモデルは人柱になる必要がある、不具合がある、とよく言われていますが

はどうぇ管理人もこれに巻き込まれ(?)ました。

交換プログラムがないのに同等の症状が起きた場合毎回5万を取られると思うとゾッとします。

MacのApple Careはいらないという意見も多数ありますが、今回の場合、本当保険ですが、Apple Careに入っていてよかったと思ってます。(実際にはCareは使用していませんが)

なお、はどうぇ管理人所有のiPhoneとiPadはCareには未加入です。

関連: MacBook Pro late 2016(TouchBarあり)のキーボード及びバッテリー膨張の交換修理


Apple AppleWatch Series4 を予約開始日に注文してみた。

2018年9月12日(日本時間13日午前2時)にApple の新作発表会があり

そこで、iPhoneとApple Watch がお披露目されました。

はどうぇ管理人はiPhoneX(使用1年)を持っているので、今回のiPhoneはスルーします。

狙いはWatchです。

Watchシリーズは当初新製品として出たときにはそんなにぐっと来ませんでした。

しかし、今回の発表で、画面が大きくなる、本体が薄くなる、バッテリー持ちも1日もつ、

なんといってもスペースグレーでかっこいい、心電図もある!?(日本では使えないという噂もあり)

ということから買うことにしました。

巷ではApple Watchはダサいっていわれてることもおおいみたいです。

applewatch1.png

↑公式サイトから。

早速9月14日16時1分からサイトに張り付いてました。

10分遅れくらいでやっと購入できるようになり、即購入。

applewatch2.png

お値段は税込み約5万です。タケぇぇぇぇぇ

でも最短で9月21日なのでなかなか良いと思います。

また到着するまでの記事なども書いていきたいと思います。

Appleストア公式の16時30分頃の状況

本日ご注文のお届け予定日:
2018/10/06 - 2018/10/14 - 送料無料

21時ごろの状況

本日ご注文のお届け予定日:
2018/10/14 - 2018/10/21 - 送料無料

どんどん納期が長くなっていってますね、早くほしいならやはり即購入に限ります。

※2018年9月20日追記

2018年9月17日に商品の発送の準備中のステータスにかわりました。

それから3日経っても発送完了のステータスにならないので、AppleStore Onlineに電話してみて聞いたところ

問題なく商品は21日に配送されるとのことでした。

待っていたら、20日の18時位に、「商品を発送しました」のメールが来ていて

トラッキングしたら20日の13時に「ADSC支店」から発送されていることがわかりました。

※配送業者はヤマト運輸

時間帯指定が書いてなかったので、そこからすぐに21日午前に変更。

どうやら、カスタムしたMacBook Proなどとは違い、内容が同じ製品は中国で生産されたあと、一旦、日本の「ADSC支店」に集められ、そこから国内に発送されるようです。

カスタムしたMacBook Proは直接上海から送られてきます。

※2018年9月21日追記

Apple Watch Series4の開封の儀を行ったので記事にしました。


Patriot Burst 480GB SSD (PBU480GS25SSDR)レビュー

Patriot Burst 480GB SSD

購入: Amazon.co.jpから
購入日: 2018年8月7日
購入時価格: 9,249円

2018年7月に作成したゲーム用マシンのSteamゲーム用のファイル置き場として、安価なSSDを探していました。

おそらく2018年8月7日当時、480GBのSSDの中では最安値となる9,249円で購入。

Patriot という会社は聞いたことがありませんでしたが、Amazonの商品説明によるとアメリカの会社とのこと。

patriot_ssd_1.jpg

ついでにSATA IIIのケーブルも購入。こちらは5本入りで695円です。
SSDはごく普通のサイズで、2.5インチ、SATA III、7mm厚です。

patriot_ssd_2.jpg

使用するSATA IIIのケーブル1本と本体。
480GBで1万円を切るのはかなりコスパが良いのではと思いました。

patriot_ssd_3.jpg

SSD本体。480GBとの記述と、6Gb/s SATA3 の記述があります。
アメリカの会社ですが、Made in Taiwan となっています。

patriot_ssd_4.jpg

Thermaltake Core V21 へ取り付けます。
取り付けは簡単で、ケースを開き向かって右側側面に2.5インチのスロットがあるのでそこに差し込むだけでした。
ネジもいらずに取り付けることができました。所要時間は5分未満。

ベンチマーク

patriot_burst480GB.png

主にシーケンシャルの値を見ていますが、Read 500MB/s Write 491MB/s と、SATA接続のSSDでは割と早いほうだと思います。

Steamのゲーム置き場なので、M.2 SSDにあったデータをSteam経由で移動しましたが、4GBのデータ容量で1分程度と高速でした。

総評

SSDは、Samsungや、Plextor、Crucial、Transcendなどが有名ですが、今回はPatriotという聞いたことのないメーカを選んでみました。
やはり魅力なのは値段。有名メーカは2018年8月現在480GBで12,000円くらいの価格帯ですが、この製品は1万円を切る高コスパです。
速度は当然M.2SSDには劣りますが、ちょっとしたデータの置き場所としては良いと思います。

評価

★★★★★

(5点中5点)


by カエレバ

Totemoi SPORT BP 最新版 スマートウォッチ 心拍計 血圧計 スマートブレスレット 防水 歩数計 活動量計 LINE 電話 着信通知 睡眠検測 タッチ操作 iPhone Android 日本語対応 PD-V7 レビュー

Totemoi SPORT BP 最新版 スマートウォッチ 心拍計 血圧計 スマートブレスレット 防水 歩数計 活動量計 LINE 電話 着信通知 睡眠検測 タッチ操作 iPhone Android 日本語対応 PD-V7

購入: Amazon.co.jpから
購入日: 2018年7月28日
購入時価格: 3,699円

sport_bp_1.jpg

タイトルが長いですが、商品名に型番すら書いてなかったので、箱に書いてあったメーカー名、商品名をタイトル(PD-V7という型番っぽいものがあり)として使用しています。
Totemoiという中国っぽい会社のSPORT BPという商品です。
スマートウォッチというとApple Watchが有名ですが、これはスマートブレスレットというらしいです。
Amazonでスマートブレスレットで検索すると多数の同一商品が見つかりますが、今回はベストセラー1位のものを購入してみました。

sport_bp_2.jpg

スペック表。
CPU等、聞いたことのないメーカばかりです。
iPhoneだと、H Bandというアプリを使用してBluetoothで通信し、データのやり取りをします。
このH Bandというアプリは一応日本語ですがいかにも中国人が作ったという感じの翻訳がされており、ちょっと分かりづらく、iOS版のレビューは散々でした。

sport_bp_3.jpg

内容物は(怪しい)説明書とバンド、本体です。バンドはゴム製でした。

sport_bp_4.jpg

充電はUSB-Aポートから行うもので60分で満タンになるようです。
充電の持ちは公称値だと2−3日となっています。
本体下にあるセンサーは脈拍などを測るセンサーのようです。

sport_bp_6.jpg

OLED(有機LE)のディスプレイですがよく見ると黄ばんで見えます。
初回、アプリとBluetoothで接続すると日時設定が自動で行われます。
アプリ側では通知を許可するアプリを選択できます。
メールやGmail、Skype、LINEにも対応しています。

sport_bp_5.jpg

表示の切り替えは、画面下部(液晶部分)をタップすることにより変更可能です。
時計、歩数計、移動距離、消費カロリー、睡眠トラッキング、脈拍、血圧、傾き検知設定、電源Offの順に切り替わります。
脈拍や血圧はつけっぱなしにしていないと保存されないようです。

sport_bp_7.jpg

Gmailでの日本語の受信テストを行ってみました。
カタカナ+ひらがな+漢字も込みですがちゃんと表示されて受信時にバイブも機能します。
LINEも同様にプレビューが表示されます。

総評

5−6時間装着して歩いてみたりしてみましたが、傾きセンサーが弱いのか、腕を目の前に持ってきても自動で液晶表示にならないことが多く、いちいち画面をタップして時間等を確認する形になりました。
また、液晶が黄ばんで見えるのもマイナス点。

やはり値段相応なものかと思います。

ただ、GmailやLINEなどの通知はちゃんと日本語で2行ほど表示されるので通知専用デバイスとして使うのもありかと思います。
アプリからの通知は5回までタップでき、プレビューを計10行まで確認することができます。
絵文字はもちろん文字化けします。

血圧や歩数はiOSの場合ヘルスケアアプリと連動させることができるので日々のトラッキングには良さそうです。
ただ、iPhoneの場合歩数計が内蔵されているため、この(怪しい)デバイスの歩数計からの書き込みは許可しないほうが良さそうです。

評価

★★☆☆☆

(5点中2点)


by カエレバ

[2018年7月]Core i7 8700+M.2 SSD(960 EVO)環境の消費電力、ベンチマークなど

2018年7月にWindowsマシンを自作し、消費電力やベンチマーク結果を測りました。

マシンスペック

CPU: Intel Core i7 8700
M/B: ASUS H370-M PLUS(MicroATX)
MEM: CORSIAR 16GB(8x8GB)
SSD: Samsung 960 EVO M.2 500GB
Power: 玄人志向 KRPW-AK650W/88+
CPU FAN: CoolerMaster MLW-D12M-A20PW-R1
Case: Thermaltake Core V21
Graphic: CPU内蔵

使用電力

グラフィックボードをまだ積んでいないので、グラボなしの結果となります。
グラボを積むとグラボの電力がのるためこれより多くなります。

i7watt_bench_1

まずは、電源Onの前の状態。電源ユニットと、マザーボードまで電気が行っている状態です。
0.4W

i7watt_bench_2

Windows10ブート時。30Wとなっています。

i7watt_bench_5

Memtest86+を2時間ほど動かしたときのピーク。76.8Wまで伸びています。

基本的にWindows10起動後アイドル状態では、19.6〜20Wほど。
CrystalDiskMarkでSSDのベンチを行ったときは43Wまで増えました。

アイドル時が20Wしか行かないので非常に低発熱です。
20Wといえば小型の家庭用サーキュレータと同じくらいの電力となっています。

CPU M/Bの温度

i7watt_bench_6

起動直後+部屋が25度くらいとあまりあてになりませんが、CPUは28度、マザーボードは27度程度で安定しています。
ASUSのQ-FANで制御していてSilentモードにしているので動作音もせずかなり快適です。

CrystalDiskMarkでのSamsung 960 EVO ベンチ

i7watt_bench_7

さすがM.2といったところでしょうか。
Readシーケンシャルが3GB/s超え、Writeが1.8GB/sと超高速になっています。
ちなみに、HDDですと100MB/sくらい、SATA3のSSDで300−500MB/sくらい、SATA3のSSD Raid0で1000MB/sとなっているので
それと比べてもかなり早いことがわかります。

SSDは一般的に書き込み回数に制限があります。寿命を少しでも伸ばすためにベンチマークは程々にしておいたほうが良いです。

パフォーマンスエクスペリエンス

Windows10でもWindows7にあったパフォーマンスエクスペリエンスを実行できます。その値です。

CPUScore : 9.2
D3DScore : 9.9
DiskScore : 9.15
GraphicsScore : 6.5
MemoryScore : 9.2

グラフィックスコアが悪いのはCPU内蔵グラボだからです。ほかは満足な結果となっています。


[2018年7月]Thermaltake Core V21へ電源、マザーボードを組み込む

[2018年7月]Intel Core i7 8700+M.2 SSDでWindowsマシンを組んで見る [自作]」の記事でケースがない状態で起動させて動作確認していましたがやっとケースが届きました。

Thermaltake Core V21(今回の場合はMicroATX対応ケース)へマザーボード及び電源を組み込みます。

2015年に発売されたこのケースですがとりあえずキューブ型にしてはでかいです。
現在はあまり販売されておらず、取り寄せになる場合が多いみたいです。

しかし大きいぶん、組み込みやすいです。

corev21_1

箱から。

左下にiPhoneXをおいて大きさ比較していますがでかいです。

corev21_2

箱から取り出してケースと比較。
目安ですがだいたいベットの隙間の高さくらい(ベットの下に入るくらいの衣装ケースくらいの高さ)があります。

corev21_3

裏面。

corev21_4

サイド及び上部パネルを外したところ。

corev21_5

マザーボード設置場所

corev21_6

まずケースを裏返して電源を取り付けます。
ファンは上向き(実際はひっくり返すので下側になる)のほうが良いと思います。
逆向きに付けてしまうと電源の熱がすべてマザーボードの下部にあたってしまいます。

corev21_7

電源を取り付けたら補助金具で補強します。ここの部分に30分くらい格闘しましたがノッチに引っ掛けてネジで止めてなんとか固定できました。

corev21_8

補助金具は側面にもネジ穴があるのでそちらも止めます。

corev21_9

マザーボードを取り付けます。
さすが大きいだけあってMicroATXのマザーでも楽に取り付けることができました。

corev21_10

ラジエータ及びファンを取り付けます。
このケースは水冷に対応しているので、簡易水冷の今回のパーツでも簡単に取り付けられました。
取り付けにはCoolerMaster MLW-D12M-A20PW-R1のネジを使用しました。

corev21_11

各種配線を行います。
俗にいう裏配線という方式でしょうか。スペースに余裕があるので空いている場所の裏面からケーブルを通して接続しました。

corev21_12

電源周りの接続です。
ATXコネクタの他に12Vx2のコネクタもあるので忘れずに接続します。

corev21_13

蓋を締めて完成です。
なお、3.5インチドライブや、2.5インチドライブは今回使用しておりません。

corev21_14

別アングルから。正面向かって左側はアクリルな透明の板になっています。

corev21_15

背面。グラフィックボードを刺していないので、PCI-Eのところはすべて空になっています。
(今後取り付ける予定)

corev21_16

なお、上面とサイドについているメッシュ状のものですがかなり柔らかい素材で磁石でついているようです。
簡単に剥がすことができます。


by カエレバ

[2018年7月]Intel Core i7 8700+M.2 SSDでWindowsマシンを組んで見る [自作]

自作マシンは思い立ったら!ということで、そろそろ2012年に作った古いWindowsゲームマシンを変えようかなと思ってほぼ最新スペック(2018年7月時)で組んでみました。

スペックは下記の通り

CPU: Intel Core i7 8700
M/B: ASUS H370-M PLUS(MicroATX)
MEM: CORSIAR 16GB(8x8GB)
SSD: Samsung 960 EVO M.2 500GB
Power: 玄人志向 KRPW-AK650W/88+
CPU FAN: CoolerMaster MLW-D12M-A20PW-R1
Case: Thermaltake Core V21
Windows10のインストール用USBとして、Buffaloの8GBのUSBメモリと、ディスプレイに繋ぐためのHDMIケーブル(AmazonBasic)も購入。

お値段は以下の通り。(2018年7月中旬の値段)

Intel Core i7 8700: 34,800円(ソフマップ・ドットコムから購入)
ASUS H370-M PLUS(MicroATX): 11,318円(Amazon.co.jpから購入)
CORSIAR 16GB(8x8GB): 20,937円(Amazon.co.jpから購入)
Samsung 960 EVO M.2 500GB: 19,884円(Amazon.co.jpから購入)
玄人志向 KRPW-AK650W/88+: 6,930円(Amazon.co.jpから購入)
CoolerMaster MLW-D12M-A20PW-R1: 6,571円(Amazon.co.jpから購入)
Thermaltake Core V21: 6,480円(Amazon.co.jpから購入)

パーツだけの合計金額は、106,920円(税込み)です。

あれ?と思った方もいるかも知れませんが、グラフィックボードがありません。
というのも、2018年7月現在では、GeForce10xx系はすでにリリースから2年が経過しており、ちょっと古いものとなっています。
2018年10月くらいに狙っているGeForce1160が出るようなのでそのときに買おうと思いました。
また、現在グラボはマイニング特需で値段があまり下がっておらず、ミドルレンジのGeForce1060でも33,000円くらいはします。
今回のIntel Core i7のCPUには内蔵グラボが搭載されているので、GeForce2000番台が出るまでそれで様子見します。

CPUはCore i7 8700とCore i7 8700Kで迷いましたが、K付きの方はオーバークロック(またはダウンクロック)可能ですが、TDPが高い。今現在はさほど値段差はありませんが、7月中旬は5000円くらい差額がありました。
8700無印の方は、TDPが65Wと低めなことから選びました。(+オーバークロックもしない)

もちろん8000番台なので、8世代のCPUで、6コア12スレッド(ハイパースレッディング)です。

ATXのマザーボードは拡張性がいいのですが、やはりケースがミドルタワーになるという点から、今回はMicroATXのキューブ型で組んでみようと思いちょうどよい感じのThermaltake Core V21を発見。こちらで組むことにしました。しかしこのケース、届いてから実はでかいことが判明。詳細は後半で。

i7win_1

今回購入したパーツ達。ケースだけ2日ほど遅れて到着したのでここにはありません。

i7win_2

今回、M.2 SSDのヒートシンクも買ってみました。長尾製作所のM.2ヒートシンクになります。
Windows10インストール用のUSBメモリ(8GB)と、HDMIケーブル

i7win_3

SSDはNVMe対応のSumsung 960 EVO M.2。コスパがよく速度も出るのでこれにしました。
970 EVOも出ていますが、タイムセールでやすかったのでこちらをチョイス。

i7win_4

まずはM.2SSDにヒートシンクを貼ります。

i7win_5

チップ面を上にして位置を決めます。(ネジ位置をあわせる)

i7win_6

M.2ヒートシンクには熱伝導シートが着いているので軽く接着された状態になります。

i7win_7

ここに更に付属のシールを貼り完全に固定します。これでM.2の処理は終わりです。

最近のM.2は発熱が多いみたいで、高熱によるサーマルスロットリングが発動しないようにします。

i7win_8

電源は、玄人志向の650Wのものをチョイス。80PlusのSilver認定を受けています。グレードが良いほど変換効率が高いものとなっています。
他にBronze、Gold、Platinumがありますが、Gold以上はちょっと高くなるのでSilverで妥協。

i7win_9

プラグイン式にすればよかったとちょっと後悔。
5インチベイと2.5インチベイには何もつけない予定なので、SATAの電源ケーブルがすべて不要です。

i7win_10

メモリは1年ほど前から高騰してるので、8GB+8GBの16GBで妥協。本当は32GB積みたかったのですが
16GBでも2万するという...。ちょっと前までは16GBでも8000円くらいでした。
しかし、マザーボードにはメモリが4スロットあるのであとから増設もできます。

i7win_11

CORSAIRのDDR4メモリです。標準状態でヒートシンクが付いています。
最近、メモリがLEDで光るという商品が出てきていますが、特に光らせる予定はないのでこれにしました。

i7win_12

CPUクーラー。今回はどうぇ管理人は水冷にチャレンジしてみました。
水冷といっても、簡易水冷なので、特にメンテ不要で使える簡易的な水冷です。
液体の追加なども必要なく便利なものとなっています。

i7win_13

ファン全体はこんな感じ。
CPUの熱を液体で冷やして、ラジエータに送り12cmのファンで冷却します。

i7win_14

ラジエータの大きさはiPhoneXよりも小さいくらいです。

i7win_15

CPU。Intel Core i7 8700(無印)です。

i7win_16

8世代のCPUは従来の4コアから6コアに増えておりパフォーマンスが上がっています。
ただ、TDPも上がるので、そこは無印の8700にしてちょっと抑えてるイメージです。
AMD Ryzenも考えたのですが、やはりゲームに多いシングルスレッドに強いのはIntelのCPUかなと思ってIntel製にしました。
しかしRyzenのコア数は魅力的です。

i7win_17

マザーボード。安定のASUS。PRIMEシリーズのH370M-PLUSというマザーボードです。

決め手となったのは、フォームファクタがMicroATX、メモリスロットが4、USB-C端子がある、Intel製NICであるという点です。

i7win_18

マザーボード全体。M.2スロットが2つあり、疑似RAIDで組むことも可能です。
ただ、M.2_1はPCI-E 2x(またはSATA型) M.2_2はPCI-E 4xで動作するようです。

i7win_19

M.2スロット。こちらはSATA対応の方のスロットなのでつかません。

i7win_20

メモリスロット。デュアルチャンネルで使用するため、2本1組で使用します。
向かって右奥側から2本刺します。

i7win_21

バックパネル。
PS/2が残っているのが懐かしいです。
その下にUSB2のポートx2
他にVGAポート、DVIポート、HDMIポート、USB-Cポート、USB3.1Gen2x2、LANポート(IntelNIC)、USB3.1ポートx2、オーディオポートがあります。

i7win_22

CPUの取り付けです。普通にくぼみに沿ってはめ込む形なので入れ間違えはないです。
CPUを固定するときのレバーはいつも緊張します。

i7win_23

M.2 SSDの取り付けです。1はSATA兼用で遅いので2番の方に取り付けます。

i7win_24

ヒートシンク付きで不格好ですが、ネジを締めて固定完了。

i7win_25

CPUクーラの取り付けにかかります。
リテールファンの取り付けですと上からただのせるだけで良いのですが水冷ポンプでちょっと重いので
マザーボード裏側に補助金具を付けます。

i7win_26

ポンプ自体にも補助金具を固定する金具を取り付けます。(ドライバー必要)
今回のCPUソケットはLGA1151なので、マニュアルのLGA1151を見ながら作業します。

i7win_27

背面から補助金具を差し込んだ図。

i7win_28

裏返すとネジが下から出てきていますので、ここにポンプを取り付けます。
ポンプを取り付ける前にCPUに熱伝導グリースをつけるのを忘れずに。グリースはCPUクーラーに付属しています。
グリースは塗りすぎず薄めに指で伸ばして塗ると良いでしょう。

i7win_29

ポンプを取り付けます。

i7win_30

ASUSのH370M-PLUSのマザーボードにはAIO_PUMPというオールインワンポンプ用の端子がありますので、こちらにポンプ側のファンコネクタを接続します。
AIOは All In One の略らしいです。

i7win_31

PCケースがない状態で不安定ですが、ラジエータにファンを固定。このファンから出ているコネクタはマザーボードのCPU_FANのコネクタに接続します。

i7win_32

メモリの取り付け。向きは決まっているので簡単です。

i7win_33

一通り組み込んだのでむき出しの状態ですがテスト通電をしてみます。
PCI-E 16xの部分がちょっとだけ光るマザーボードです。

i7win_34

ケースなしの状態で通電させるにはマニュアルを見ながら、PWR_BTNのピンをマイナスドライバーでショートさせます。
慣れてない方はおとなしくケースのスイッチを接続してからのほうが良いです。

i7win_35

通電しました。CPUの水冷クーラーは電源ON時にチョロチョロチョローっと音がしますがほぼ無音。
ラジエータにつながっているファンも気にならない程度の音です。

i7win_36

BIOS画面。CPU Fan Error!と出てますが、これはラジエータについているファンを間違ってケースファンのところに接続しているからでした。
ここでファンの接続先を変更。CPU メモリともに問題なく認識されているので、F1キーを押してUEFIに入ります。

i7win_37

UEFI画面です。ASUSはUEFI上からQ-FANと呼ばれるファンコントロール機能があるので、これを有効にし、モードを「Silent」に設定。
これでファンの回転数がかなり落ち、静かになります。

i7win_39

とりあえずUEFIから行えるBIOSのアップデートを行います。
最近のUEFIのBIOSはLANを自動認識してUEFI上から更新ができるので楽に適用できます。
適用は5分位かかります。

i7win_41

続いてメモリにエラーがないか、USB CD/DVDドライブを接続し(USBに作成しても可)、予め用意しておいた、Memtest86+を動かします。
2時間ほどテストしていましたが問題はありませんでした。

i7win_42

M.2 SSDはUEFIで認識されているのかチェックしたところ、ちゃんとNVMeとして、Samsung SSD 960 EVO 500GBが認識されていました。

i7win_43

次にWindows10のインストールですが、起動→セキュアブートメニュー→UEFIモードになっているのを確認します。

i7win_44

Windows10のインストール中。
はどうぇ管理人は、ここでつまづきました。M.2 SSDが認識されないという現象が起きたのです。
その詳細の記事は「Macしかない環境でWindows10のISOをブータブルUSBに作成[M.2 SSDが認識されない]」にまとめております。
この問題はMacしかなくなおかつ最新macOSでUSBメモリにhdiutil / dd コマンドUSBメモリを作成している場合で発生しました。
通常ですと問題ないかと思います。

i7win_45

Windows10が起動しました。
いくつかLANドライバなどが入っていなかったので、マザーボード付属のDVDからドライバをインストールします。

i7win_46

無事、ドライバーのインストールも完了し、いざタスクマネージャへ。ちゃんと6コア12スレッドとして認識されています。

使用ワット数、ベンチマークなどの結果は「[2018年7月]Core i7 8700+M.2 SSD(960EVO)環境の使用電力、ベンチマークなど」の記事にまとめます。

使用ケース Thermaltake V21への組み込みは「[2018年7月]Thermaltake V21へ電源、マザーボードを組み込む」の記事にまとめます。


今回使用したパーツ

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

MacBook Pro late 2016(TouchBarあり)のキーボード及びバッテリー膨張の交換修理

管理人所有のMacBook Pro 13インチ(Late2016、TouchBarあり)のキーボードの一部のキーが
反復入力される、または押されないという現象が発覚したので
Apple Storeに持ち込んでみました。
まずは、ジーニアスバーの予約からです。
Appleに電話したところ配送修理も行っているみたいですが、店舗によって即日修理してくれるかもしれないとのことで、Apple Storeへ行ってみました。
予約はかなり取りづらく、5日先とかの予約になりました。

ジーニアスバーでの状況説明
キーボードの一部のキーが効きづらいという申告をしたところ現在Appleから発表されている交換プログラムの適用との説明を受けました。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム(2018年6月22日掲載)
https://www.apple.com/jp/support/keyboard-service-program-for-macbook-and-macbook-pro/

そしてジーニアスバーでスタッフを待っているときに、平らなテーブルに置いて気がついたのですが
なんとなく水平でない(背面中央が浮いている?)感じがして、そのこともスタッフに聞いてみたところ
目視で確認してくれて、バッテリーが膨張してますね。と言われました。

MacBook Pro 13(Late2016)以降の場合、キーボードのみ、バッテリーのみの修理は行っておらず、TOPケースすべてを交換(要するに、ディスプレイから下すべて)必要があるようです。

提案された交換はTOPケース及びハードウェア交換費用で43,000円でした。
ただ、キーボードは交換プログラムがあるので無料、バッテリーの交換もそれに含んでいるようです。
ちなみに管理人はApple Care for Macに入ってますが、膨張したバッテリーの交換はApple Care for Macに入っていると無償らしいです。
(今回の場合、キーボードの交換プログラムだけでバッテリーも交換してくれるのか、キーボード+Apple Careを使ってバッテリーの無償交換なのかは不明です、おそらくTOPケースまるごと交換と提案されたので、キーボードの交換プログラムにバッテリーが含まれている可能性は大です)

そして肝心な修理期間ですが、交換プログラムが出てからまだ日が経っていないので、混み合ってるとのこと。即日修理はやっておらず、リペアセンターに送って修理になるそうで、3〜最長2週間かかると言われました。
その日は見積もりだけもらい一旦帰り、後日予約無しで預けに行きました。
(MacBook Proを預けるだけだと事前のジーニアスバーの予約なしでも見積書があれば短時間で対応してくれます)

以下返送されるまで時系列で書いていきます。


2018年7月25日昼頃
預け修理を決意し、Apple Storeへ持ち込み。ジーニアスバーには予約せず持っていき再度見積書をもらう。
そこには最初に見積もりをもらったときの内容と異なり「Flat Rate 2 Repair Charge MB/MBAIR/MBP13」という説明が書かれており、値段は53,000円となっていました。
なぜ1万円も上がってるのかはツッコミはしませんでしたが、そのまま預けました。

Apple のマイサポート(https://mysupport.apple.com/)から状態がわかるのですが、この時点ではまだ
2018年7月25日:
まもなくお客様の製品をリペアセンターに発送します。

となっていました。

mbp1.png

2018年7月26日
変化なし。マイサポートのページも変わらず。
表記は「まもなくお客様の製品をリペアセンターに発送します。」

2018年7月27日
AM 9:00頃 ステータスが変化しました。検査しているようです。
お客様の製品を検査しています。
「2018年7月27日:
技術者が、問題を診断するため、お客様の製品を調べています。」

PM 14:00頃ステータスが変化。修理が完了したようです。
「お客様の製品は発送済みです。
2018年7月27日:
お客様が修理サービスを依頼した Apple Store に、製品を発送しました。
通信事業者: ヤマト運輸株式会社
トラッキング番号: xxxxxxxxxxxxxxxx」

mbp2.png

ちなみにAppleのリペアセンターは神奈川県厚木にあるらしいです。

mbp3.png

2018年7月28日
ヤマトの荷物はApple Storeに9:00頃到着していたようですが、まだApple Storeからは連絡は来ず。
PM 1:00頃、「製品をお渡しする準備ができました」という件名でメールが来たので
Apple Storeに向かいました。
Apple Storeに着いて見積書(兼引き渡し書)を渡すと5分位で修理の完了したMacBook Proを受け取ることができました。
SSDのデータはそのままで、トップケース及びバッテリーを交換とのこと。
他の事例で見かけたのですがバッテリー膨張でボトムケース(シリアル番号が書かれている部分)も交換になってるのかな?と見たところ、ボトムケースはそのままでした。
背面で膨らんでいる部分がちょっと色が変わっていたのでここはちょっと残念。
キーボードもキーが最新のMac(?)のキーアイコンに変わっていました。
とりあえずバッテリーの膨らみ及びバッテリーが無償で直ったので良かったです。
またUSB-C(Thunderbolt)部分にUSB-Cを指してみたのですが、前は結構ガバガバだったのですがこれもカチッっとはまるように直っていました。

一緒に入っていた書類のサービス確認書を見たところ下記の項目になっていました。

Top Case with Battery, ANSI, Space Gray
Replacement Serial No: XXXXXXXXXXXXXXXXXXX ¥ 34,800
Flat Rate 2 Repair Charge MB/MBAIR/MBP13 ¥ 53,000
消費税 ¥ 0
合計 ¥ 87,800

※請求は0円です。

mbp4.jpg

mbp5.jpg

修理期間:
2018年7月25日昼頃預ける

2018年7月28日昼受け取り
と、最短の3営業日で対応してもらいました。