ASUS ZenPad 10 Z301MFLレビュー

ASUS ZenPad 10 Z301MFL

購入: ECカレントから
購入日: 2017年09月24日
購入時価格: 29,376円

10インチのタブレットが欲しくて色々探してましたが、ASUSのZenPadをチョイスしました。
ASUSの10インチタブレットは色々出ていて、2017年09月23日にも新しいモデルが発売されています。
管理人はまずZenPad10sが色々あることに戸惑い、型番から調べることからはじめました。

1、Z300M(一番新しい)

→10.1インチ、1280x800ドット、LTE機能なし、Wi-Fiオンリー、Z301Mの廉価版、Android7.0、2万円程度

2、Z500M(この中では一番古い)

→9.7インチ、2048x1536ドット、LTE機能あり、指紋センサー、Android6.0、3万円程度

3、Z301MFL(今回購入したモデル)

→10.1インチ、1920x1200ドット、LTE機能有り、Android7.0、3万円程度

1はLTE機能はあってもなくても良かったのですが、解像度がちょっと低いのが難点なので見送りました。
2はちょっとハイスペックなのと、今回指紋センサーがいらなかったので3番にしました。

写真付きレビュー

z301mfl_2.JPG

箱です。

今回はアッシュグレーを選択。

z301mfl_3.JPG

箱の大きさをiPhone6sと比較。

z301mfl_4.JPG

箱を開けると本体があります。

z301mfl_5.JPG

付属品はシンプル。USB-A→USB-Cケーブル(1mくらい)、ACアダプタです。

z301mfl_6.JPG

ACアダプタの出力は2Aで高速充電ができるようです。

z301mfl_7.JPG

本体を取り出したところ。

裏面はメッシュ状(?)になってますがプラスティックです。

z301mfl_9.JPG

サイドボタン。

本体に向かって左側です。上から音量ボタン、ヘッドフォン端子、USB-C端子(USB2.0らしい)です。

z301mfl_11.JPG

本体下についているSIMスロットとMicroSDスロット。
SIMカードサイズはMicroSIMです。SIMフリーとなっています。
変換アダプタなど使うと破損する可能性があるので、使う場合はMicroSIMのサイズを用意したほうが良いです。

z301mfl_14.JPG

電源を入れて初回設定をし、Wi-Fiに接続するとアップデートがあったのでアップデートを開始しました。

z301mfl_13.JPG

システムのアップデート中。

z301mfl_15.JPG

アップデート完了。

このタブレットはAndroid7.0が採用されています。

z301mfl_12.JPG

一応iPhone6sとの比較。

z301mfl_16.JPG

SIMカードが刺さってないとSIMがないと表示が出るのでダミーのSIMカードを購入。

これはiPhone4用のアクティベート用MicroSIMですが、Amazonで60円で売ってました。(送料無料)
通信はできませんが、「SIMがありません」の表示は出なくなります。

z301mfl_1.JPG

保護フィルム(保護ガラスです)

900円でAmazonで売ってたので購入。それほど難しくなくつけることができました。

総評

管理人初となるAndroidタブレットです。

Androidはそれなりに使い慣れてますが、10インチクラスのタブレットは初めてでした。

電池はディスプレイつけっぱなし+通信しっぱなしで約4〜5時間、YouTubeだけなら7時間程度持ちます。

無線LANはIEEE1394 802.11 a/b/g/n に対応。(acには非対応)

充電時間は付属のACアダプタを使用したとき(2A)で3時間30分ほどで100%になります。

ただし、内蔵MEMが2GBしかないので、たくさんアプリを動かしたりするのには不向きだとは思います。

ほとんどバックグラウンド処理をさせてない状態(不要アプリ終了)で、空きメモリが500MB程しかありません。

管理人はまだ使ってませんが、AndroidならではのMicroSDでストレージを拡張できるのもGoodだと思います。
128GBまでのMicroSDカードを使用できるようです。

また、充電、データ通信がUSB2.0ですが、USB-Cというのも良い点です。

リバーシブルですし、MacBook ProとUSB-C→USB-Cで接続できます。

CPU性能はそれほど良くないですが、フルHDの動画を問題なく再生できますし、熱もつけっぱなしでもほとんどありません。YouTubeを再生しっぱなしでも熱くなることはありませんでした。

検証動画: 24fps→問題なし、60fps→再生に難あり、デコーダが問題?(どちらも内蔵プレイヤー及びVLC for androidにて検証)

評価

★★★★★

(5点中5点)



Amazon.co.jpで誤って購入した商品の返品方法 [簡単!]

  •  
  •  
  •  Category:
  • Amazon

Amazon.co.jp でマザーボードを購入しました。

しかし、ケースがITX専用なのに間違ってMicro ATXのマザーボードを注文して届いてしまいました。(サイズが違うためケースに入らない)

Amazon.co.jpでは初期不良や不具合品などは着払いで送り無償で交換、返金してくれますが、自己都合の場合(注文を間違えた等)は元払いで送る必要があります。

その過程を書いていきたいと思います。

返品の手続きをする

まず、Amazon.co.jpへログインし、アカウントサービスを選び、注文履歴を確認します。

返品したい注文のところで「商品の返品」というボタンがありますのでそこを押します。

理由を入力する欄がありますがはどうぇ管理人は以下のように書きました。

商品返品の理由は「手持ちのアイテムとの互換性がない」で

内容は「購入するマザーボードのサイズを間違ってしまいました。製品は未使用です。」

これで少しすると「Amazon.co.jp返品リクエストの確認「商品名」」というメールが届きます。

メールには、返送先と固有のID(返品用のID)が書かれたページへのリンクがありますので、それを印刷します。

家にプリンタがない方はセブンイレブンなどでのネットプリントサービスを利用すると良いです。

手書きでもOKのようです。

商品の梱包をする

Amazonで送られてきたダンボールに入れ直すのが早いですが、今回別な商品も買っていたため箱自体は結構大きいものでした。

箱が大きいと送料も多く取られますので、カッターなどで切ってなるべく小さくします。

今回の場合、マザーボード単体なので、3辺の合計が60cmに収まる60サイズまで小さくすることができました。

梱包時、プリントアウトした固有のIDも入れておく必要があります。

また、宛名ラベルも見える位置に貼っておきましょう。

集荷を依頼する

商品を送り返すには日本郵便の集荷サービスが手っ取り早いです。

商品の梱包ができたら集荷を依頼します。

Amazon.co.jpは日本郵便と連携しているらしく、専用の返品窓口があります。

下記の専用サイトまたは電話0120-275-333(携帯からは092-517-3545)(電話受付時間8:00~20:00)から集荷を依頼できます。
着払いで申し込み:https://mgr.post.japanpost.jp/link/spcAgrLogin.do?SITE_ID=2099
元払いで申し込み:https://mgr.post.japanpost.jp/link/spcAgrLogin.do?SITE_ID=2098

今回は、電話で集荷を依頼してみました。

電話をかけると、「Amazonの返品でよろしいですか?」と聞かれます。

次に「着払いでよいですか?」と聞かれますが、今回の場合は自己都合のため「元払いで」と伝えました。

集荷をするための電話番号、住所、名前、商品がどんなものか(PCパーツと答えました)を聞かれます。

次に「ランドセルより小さいサイズですか?」と聞かれるので、今回の場合小さいので「はい」と答えました。

最後に集荷する時間帯を指定できるので時間を指定します。

基本的には集荷は翌日になるようです。

集荷

amazon_henpin.JPG

電話で集荷依頼をすると、集荷のときにラベルを持ってきてくれます。

電話で聞かれた住所等は記入済みの状態になっています。自分で記入する必要はありません。

今回の送料は690円でした。(返品受付の場所が東京なので遠いと送料は高くなります)

元払いですので、玄関先で支払い、後は返金を待つだけです。

返品完了と返金まで

集荷の翌日、返品のステータスを見たところ

「返品完了」となっており、「返品は完了しています。返金は処理されました。」と表示されます。

amazon_henpin2.png

商品代金+消費税が返金されます。

返金といっても、購入時にクレジットカードで購入していますので、クレジットカードへ返金されます。

クレジットカードへ返金とは、一度請求があったものに対して、調整額として差し引くものです。(カード会社によっては異なるかもしれませんが基本的に一緒です)

クレジットカードで購入した場合は手元には現金は戻ってきませんが、カードの請求額から今回返品した額が引かれたものとなります。

返品依頼から集荷、返金完了まで2日で終わったので非常にスピーディーな対応でした。

一度開封して使ってしまったものや明らかに意図的に壊したものなどは全額返金対象にならない事があるようですので、届いたらよくチェックしましょう。(買う前にチェックも忘れずに!)

まとめ

自己都合の場合は送料は元払い

初期不良や別なものが送られてきた場合は着払い


Anker PowerPort+5 USB-C Power Delivery (60W 5ポート Power Delivery搭載) と AUKEY USB-Cケーブル レビュー

Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery (60W 5ポート Power Delivery搭載 USB&USB-C 急速充電器) を購入してみました。

購入: Amazon.co.jpから
購入日: 2017年01月15日
購入時価格: 3,999円

こちらの製品は、USB5ポート(うちUSB-CがPower Delivery 1ポート)あり MacBook Pro 13インチ(late 2016)で充電が可能です。

anker_charge1.JPG

箱は控えめな大きさ。

Ankerは好きなメーカの一つです。

anker_charge3.JPG

一番上にUSB PDというポートが有り、こちらからUSB-C→USB-Cの充電ケーブルを使い、MacBook Proへ電源が供給できます。

anker_charge2.JPG

内容物一覧。シンプルです。USBケーブルは付属しません。

USB-Cケーブルは充電用のケーブルが必要になります。

anker_charge_4.JPG

スペックです。

5V-3A/9V-3A
15V-2A/20V-1.5A

との記述があります。(PD部分)

充電ケーブルはAUKEYのメーカのものを購入してみました。

aukey_1.JPG

AUKEYはAnkerに続き好きなメーカの一つです。

aukey_2.JPG

長さは6.6フィート、2mです。

aukey_3.JPG

aukey_4.JPG

MacBook Pro 13インチに接続。しっくり来てます。

購入: Amazon.co.jpから
購入日: 2017年01月15日
購入時価格: 1,999円

総評

USB-Cで給電しつつ、iPhoneや、iPad、Androidまで充電できてしまうお手軽なUSB充電器です。

家ではMacBook Pro純正の充電器を使用して、仕事場ではこのUSB充電器を使うといった使い方などができます。

また材質もよく高級感があります。

MacBook Pro 13インチ(late 2016)で問題なく充電できていてなおかつ、USBポートもあるので、iPhoneなどの充電にも役立ちます。

Apple公式Type-Cアダプタは61Wですが、この製品でサポートしている30Wの出力ですが十分に充電可能です。

またAUKEYのケーブルもナイロンでできており耐久性があるといえます。

評価

★★★★★

(5点中5点)

ChinaPostでの荷物受け取り、追跡 MacBook Pro 13ケース

  •  
  •  
  •  Category:
  • Amazon

AmazonでMacBook Pro用のハードケースを購入してみました。
発送はChinaPost、時間がかかるのはわかってましたがその経緯を書いていきたいと思います。
ChinaPostとは、日本で言う日本郵便です。(ChinaPostは国営らしい)

国際郵便は日本郵便のサイトでも追跡することが可能ですが、今回はもっと詳細がわかる、Track ChinaPostというサイトも利用しました。

2017年1月16日に注文(Amazonでは1月18日から1月30日の間に到着予定)

1月16日(月曜日)にAmazonから発送連絡

Track ChinaPost にて検索
そんな番号はありませんとのこと。

chinapost1.png

1月17日

→変化なし(火曜日)

1月18日

→変化なし(水曜日)

1月19日

変化あり(木曜日)
→どうやら、「Guangzhou(中国広州市)」から送られてくる模様。
→日本郵便の追跡ページに表示されるように。
→TrackChinaPostのページに空港へ送られセキュリティチェックを受けているようです。(空輸?)

日本郵便の追跡ページの表記

chinapost2.png

Track ChinaPostでの結果

chinapost3.png

→「Guangzhou(中国広州市)」でセキュリティスキャンを行ってるとのこと。

1月20日(金曜日)

chinapost4.png

→セキュリティスキャンはクリーンとのこと。

1月21日(土曜日)

→変化なし

1月22日(日曜日)

→変化なし

1月23日(月曜日)

→変化なし、発送連絡から1週間でまだ中国にあるようです。

1月24日(火曜日)

→変化なし

1月25日(水曜日)

Track ChinaPostでの結果

chinapost5.png

→「Guangzhou(中国広州市)」に到着して離れたとのこと。(空港か港)

1月26日(木曜日)

→変化なし

1月27日(金曜日)

→変化なし

1月28日(土曜日)

→変化なし

1月29日(日曜日)

→変化なし

1月30日(月曜日)

→変化なし(Amazonでのお届け予定日)

1月31日(火曜日)

→変化なし

2月1日(水曜日)

→変化なし

2月2日(木曜日)

→変化なし

2月3日(金曜日)

→変化なし

2月4日(土曜日)

→川崎に到着したとのこと。(船便?)

chinapost6.png

日本郵便の追跡サイトでも変化あり。

chinapost7.png

日本郵便国際便のお問合わせの電話(0120-5931-55 / 携帯から 0570-046-111)に電話確認したところ、2月7日の到着予定とのこと。

2月5日(日曜日)

→TrackChinaPostのページに川崎についたとの表記。

chinapost8.png

日本郵便のページにも川崎に到着したとのこと。(川崎のためおそらく船便だった模様)

chinapost7.png

2月6日(月曜日)

→商品到着

chinapost9.png

chinapost10.png

届いた商品。結局発送から22日かかって到着しました。

chinapost11.jpg

袋はボロボロの状態でしたが中身は無事でした。

Amazonで買うときに、急いでいる場合、ChinaPostが発送するという商品は気をつけたほうが良いです。

その後Amazonで同じ商品を見たところ、Amazonが発送になっていたのでトホホな結果になってました。

概ねケースとしては良い感じで、クリアですが、本体裏側可動部分が隙間が空いています。

macbookpro13case.jpg

今回買った製品

購入時価格: 1,319円

はどうぇ管理人はパワーサポートの製品が好きなので、パワーサポートから出てほしいところです。