iPhoneXS/iPad mini 5世代(2019)を急速充電するために環境を整えてみた


最近のiPhone(8以降)やiPadは急速充電に対応しています。

しかし、iPhoneやiPadについてくる付属のアダプタだと5V/2A程度で、10W程度しか出ていないことになります。

iPhoneに限っては最近はQi(チー)と呼ばれる無線でも充電できますが、7.5Wの充電速度となります。

そこで、せっかく急速充電ができるのに使わないともったいないってことで、今回は急速充電の環境を整えてみたいと思います。

2019/08/03現在では急速充電するにはUSB-CのPD(PowerDelivery)ポート付きの充電器とUSB-CとLightning(3A対応)のケーブルが必要になります。

今回用意した商品はこちら。

ケーブル

express_charge_1.jpg

3Aに対応したAmazonで見つけたUGREENというメーカのUSB-C→Lightningケーブル。

express_charge_2.jpg

裏のスペックを見ると3A(MAX)となってます。
もちろん、MFi(Made for iPhone)をとっているものとなります。
長さは1mとなります。

こちらのケーブルは1,298円

充電器

充電器は安定のAnkerをチョイス。

express_charge_3.jpg

はどうぇ管理人が好きなメーカの一つのAnkerです。

express_charge_4.jpg

商品名は「Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery (60W 5ポート USB-A & USB-C 急速充電器)【PSE認証済/PowerIQ搭載/PD対応】 MacBook/iPhone/iPad/Android 各種他対応 (ホワイト)」

USB-C(PD)が1ポート、USB-Aが4ポートで合計5ポートついています。

express_charge_5.jpg

一番上がPDポート(USB-C)で、その下は普通のUSB-Aの形となっています。
商品の質はしっかりしていて前面部分はアルミとなっているようです。

コンセントに直接刺すタイプではなく、ACケーブルが有りその先に本体に接続する形になっています。

express_charge_6.jpg

裏のスペック表です。

写真が小さくて見にくいですが、PD出力は5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5Aとなっており30W程度まで見込めます。
USB-Aの方はAnker独自のPowerIQ機能付きで5V/6A(各ポートは最大2.4A)となっています。

PowerIQはその機器にあったV/Aで給電してくれる機能となっています。

ちなみに、このAnkerの商品のPDポートは13インチのMacBook / MacBook Proであれば給電にも使えます。
15インチは試してないのでわかりません。

こちらの商品は3,999円でした。

次回は充電が0%になっているiPad mini(5世代)が何時間でフル充電(100%)になるかを実験したいと思います。