Apple MacBook Pro 13.3インチ(late 2016) ベンチマーク


今回は、MacBook Pro13.3インチ(SSD 512GBモデル)のベンチマークを取ってみたのでその結果を見ていきたいと思います。

なお、画像はすべてクリックすると原寸大の画像になります。

ディスクのベンチマーク

Black Magic Disk Speed Test

macbookpro13_20.jpg
メーターが振り切れんばかりにMAXまで上昇しています。ほぼ2000MB/s出ています。

macbookpro13_31.png
なお、こちらははどうぇ管理人が元使っていたMacBook Air 11インチ(mid 2011)のベンチ結果です。
差を見比べると一目瞭然です。

SSDは書き込みが多いと劣化するようですが、MacBook Airはその影響をもろに受けている模様です。

AmorphousDiskMark

AmorphousDiskMarkはWindowsで定番な、Crystal Disk MarkのMac版と言えるツールになっています。
ただ、Black Magic Disk Speed Testと違った結果となっています。
また、4kでの書き込みが非常に遅く、2GiBのベンチマークでおおよそ2〜3時間かかっていました。
早すぎて対応していないのか、それともソフト側に何か不都合があるのかは不明です。
主にこのブログでは、シーケンシャルの値(Seq)を見て判別しています。

macbookpro13_21.png
MacBookPro 13.3インチ 512GB SSDのベンチ結果

macbookpro13_32.png
ちなみに約5年使ったMacBook Airはこんな感じの値です。

MacBook ProはReadが2000MB/s(秒間2GB!)超えとかなり良いスコアになっています。

Geek Bench

有料ソフトですが、Geek Bench 4 for macの結果です。

macbookpro13_28.png
スコアはシングルコアが4016マルチコアが8046となっています。

ちなみに、MacBook Air(mid 2011)Core i7 1.8GHz はシングルコア2627マルチコアが4339でした。
Mac mini(mid 2011)Core i7 2GHz はシングルコアで2873マルチコアで8627でした。
Mac miniの Core i7 はデュアルコア(4スレッド)なのですが、デュアルコアしかないMacBook Proがデュアルコア(4スレッド)に勝る勢いになっています。

Wi-Fiの速度

macbookpro13_29.png
新しい MacBook Pro は無線規格 IEEE1394 ac に対応しています。
無線親機がacに対応していれば、最大速度1300Mbpsでのレートが出ます。

iperf という転送速度を測るソフトを使ってみました。

転送は下記の構成です。
[Mac mini(Server)]==ギガビットイーサ==[ルータ]::::無線::::[MacBook Pro(Client)]

macbookpro13_30.png
無線なので、安定はしませんが、500〜750Mbps出ていることがわかります。