NVMeのSSDを使い爆速外付けSSDを作る

昨今、SSDの値段がかなり下がっていて、NVMeのSSDも比較的値下がりしています。

そこで、NVMeのSSDを外付けのUSBにNVMeを取り付け、USB3.1(またはThunderBolt)で接続して爆速の外付けSSDドライブを構築したいと思います。

今回購入した商品

N.ORANIE USB3.1 HDDケース NVMe PCIE HDD エンクロージャー M.2 - USB Type C 3.1 M キー SSD ハードディスクドライブケース 外付けモバイルボックス デスクトップPC用 ホワイト ¥3,980(Amazonにて)

Crucial SSD M.2 500GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe 5年保証 CT500P1SSD8JP ¥8,917(Amazonにて)

Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 ケーブル (50cm) 【PD対応 超高速 40Gbps 100W出力 USB2.0 / 3.0 / 3.1 対応】 ¥2,999(Amazonにて)

usb_nvme_9.jpg

到着した商品。

USBケースのエンクロージャにはUSB-C→USB-Aのケーブルしかついていないので、AnkerのThunderbolt対応のUSB-C→USB-Cのケーブルを別途購入。

usb_nvme_2.jpg

こちらがUSB-C→USB-CのAnkerのThunderbolt(USB3.1)のケーブル

usb_nvme_3.jpg

こちらがエンクロージャ。USB-C→USB-Aのケーブルとドライバー、テープ(放熱用?)が含まれてました。

usb_nvme_4.jpg

ビスを外して中身を取り出します。

usb_nvme_5.jpg

結構シンプルな基盤です。

usb_nvme_6.jpg

裏面にはコントローラのJMicronのチップがありました。

usb_nvme_7.jpg

こちらはCrucialの500GBのNVMe 2280のサイズになります。

usb_nvme_8.jpg

取り付けた図。結構簡単に取り付けられます。

蓋を締めてUSBケーブルを設定したら完成です。

まずはWindows機につなげてベンチマークを行います。

フォーマットされてないので、コンピュータの管理からGPTパーティションでフォーマットしておきます。

ベンチマーク

usb-atousb-c.png

あ然としました。

SATA接続のSSDとそんなに変わらない結果です。

これはこのエンクロージャのインターフェースがおそらくPCI-Eのx4ではなくx2で動作しているためだと思います。

このエンクロージャを買うときには要注意が必要です。

問い合わせた所「Jmicron JMS583を使用し、PCIeポートはPCIe Gen3×2仕様に準拠」とのことでした。

と記述したのですが、USB3.1 Gen1(Max 5Gbps) のポートで計測していたためこのような現象が起こったようです。

USB3.1 Gen2(Max 10Gbps) のポートに接続した所シーケンシャルは下記の結果になりました。

USB-A3.1Gen2.png

これなら満足です。

しかし、Mac(macOS 10.14.4)で認識しないという現象が起きたのでこちらも問い合わせてみたいとおもいます。



USB温度計レビュー(Linuxで使用)

USB温度計! USB thermometer-528018

購入: Amazon.co.jpから
購入日: 2019年01月22日
購入時価格: 1,100円

LinuxでUSB経由で室温を図りたいがために購入しました。usbtemper_1.jpg

箱はまぁいかにも中国製という感じの箱。

usbtemper_2.jpg

裏にCDがついてますが、Windows用らしいので今回は使用しません。

usbtemper_3.jpg

本体は金属で覆われており、熱を拾いやすい...のかもしれません。

usbtemper_4.jpg

裏面には「TEMPer」と彫られています。

総評

以前同じような商品を買ったことがありましたが、そのときは普通にCのプログラムで動作したものの
今回は別なhidapiというものを経由してから別プログラムでないと動作しないことが判明しました。
Linux(CentOS7)で動作する手順は下記ブログにまとめてあります。

CentOS7上でUSB温度計で温度を記録してgrafanaでグラフ化する

結果として、Linuxでそれっぽい値が取れたので満足しています。
安価ですし実験用にもよいかと思います。

評価

★★★★☆

(5点中4点)



ラトックシステム REX-BTWATTCH1 レビュー

ラトックシステム REX-BTWATTCH1

購入: Amazon.co.jpから
購入日: 2018年01月19日
購入時価格: 6,471円

Bluetoothで消費電力を確認できる、ラトックシステムの「REX-BTWATTCH1」を購入してみました。

bt_wattchecker_2.jpg

箱、表

bt_wattchecker_1.jpg

箱、裏

bt_wattchecker_3.jpg

本体。

bt_wattchecker_4.jpg

裏面。最大使用電流は15Aとなっています。

iOS/Androidではスマホからチェック可能、
PCではWindowsがラトックシステムからソフトウェアが公開されていてそちらから確認できますが

今回の使用用途は、LinuxからBluetooth通信をして消費電力のグラフ化をしたいという目的のため購入しました。

Linuxから使う手順などは別ブログにまとめます。

実際に試行錯誤した後、通信できてログを取得している画面が下記のスクリーンショットとなります。

watt_checker.png

総評

結論から言うと、Bluetoothの通信がLinux <==> REX-BTWATTCH1 間で通信は出来ましたが、かなり不安定といった印象を受けました。
もともとiOS/Android/WinPC向けの製品のためこの点は覚悟していましたがなんとかやりくりして正常動作しています。

RaspberryPiで通信してグラフ化したりしている人もいてなかなかおもしろい製品だと思いました。

Bluetoothで計測できるワットチェッカーがAmazonで購入できるのがこれしか無いので致し方ないといった感じです。

評価

★★★☆☆

(5点中3点)



Intel NUC BOXNUC7PJYHでLinuxマシンを構築【消費電力編】

  •  
  •  
  •  Category:
  • 使用電力

Intel NUC(BOXNUC7PJYH Pentium Silver @1.5Ghz)でマシンを組みましたが気になるのが消費電力。

今回はLinuxサーバ用途ですので、常時Onが前提です。

まずは待機電力(電源だけさして本体は電源Offの状態)

nuc_idle.jpg

0.6W

電源On時の電力。

nuc_poweron.jpg

7.1W

MemTestで高負荷をかけている状態nuc_memtest.jpg

14.1W

OSインストール後のアイドル時消費電力(不定ですが約10W)

非常に低電力で動作していることがわかりました。

なおかつ、ファンが回らないので無音で運用できそうです。

構築編
BIOSアップデート編


Intel NUC BOXNUC7PJYHでLinuxマシンを構築【BIOSアップデート編】

  •  
  •  
  •  Category:
  • BIOS

前回、Intel NUCを組み上げるところまで記事にしましたが今回はいざ通電です。

intel_nuc_26.jpg

通電すると、電源ボタン部分が青色になります。

早速Intelの公式ページからBIOSを検索すると新しいバージョン0047(2018/12/19)が出ていましたのでこれを適用します。

intel_nuc_bios.png

最近のBIOS更新は結構楽になっており、.bioファイルをFATでフォーマットしたUSBメモリに入れてUFEIにはいりそこからアップデートを行います。

通常はF2などでBIOS画面に入れますが、Intel NUCの場合はちょっとコツがいります。
まず電源Onの状態で電源ボタンを5秒ほど押します。
すると、一瞬オレンジに変わるので、再度電源を入れF2を連打すると下記のような画面になります。

intel_nuc_32.jpg

ここで、F2を押すとBIOSに入ることが出来ます。

intel_nuc_33.jpg

USBメモリに入れていた.bioファイルを適用します。
適用するファイルは、「JY0047.bio」

intel_nuc_34.jpg

適用中が結構長いですが、適用完了すると2〜3回リブートされ正常に動作するようになります。

BIOSアップデート後も問題なく16GBのメモリを認識していました。

次回: 消費電力編


Intel NUC BOXNUC7PJYHでLinuxマシンを構築【構築編】

Intel NUCで低発熱、低電力のLinuxサーバマシンを構築してみようと思い、一式購入。

Intel NUCは多数バージョンがありますが、今回はリーズナブルなIntel Pentium Silver(4コア)が搭載されている、BOXNUC7PJYHを購入してみました。

M/B,CPU,Case,Power: Intel NUC BOXNUC7PJYH 21,757円
Intel Pentium Silver J5005 1.5Ghz x4(Amazonのタイトル表記はCeleronとなっていますが、実際はPentium Silverとなっています)
MEM: Patriot PSD416G2400SK DDR4 SO-DIMM 8G+8G=16GB 12,199円
SSD: Transcend TS480GSSD220S 480GB SSD 7,490円
ACケーブル: Buffalo BSACC0802BKA 482円

計41,928円

すべて2019/01/12にAmazon.co.jpから購入。

ACケーブルはいわゆるミッキー型と言われるDELLなどのノートPCのAC電源に接続するケーブルです。
ACアダプタは付属していますが、ケーブルだけは付属していないので別途買う必要があります。

Intel NUCのi5版はM.2スロットが付いていてなおかつ8世代のCore i5を搭載していてパフォーマンスに期待が持てますが2019年1月時点ではまだNUCだけで47,000円していたので今回は予算の都合上見送りました。

また、メモリはこのNUCの場合、Max8GBとなっていますが、実際には16GBでも動作するようなので試しに8G+8Gの16GBを買ってみました。

果たして認識するのか!?

intel_nuc_2.jpg

注文日の翌日、商品がAmazonから到着。
2製品は小田原から、2製品は大阪の堺から送られてきました。おそらく倉庫と在庫の都合上でしょう。

intel_nuc_3.jpg

まずはSSDから。TranscendのSSDははどうぇ管理人はよく使っていて安心して使用できる製品です。
480GBで7500円と安くなったものです。

intel_nuc_4.jpg

裏面。TS480GSSD220Sの型番表記があります。

intel_nuc_5.jpg

メモリ

Patriotというメーカは以前2.5インチSSDを購入したときに知りました。

8G+8Gの2枚組で格安だったのでこちらをチョイス。
1枚あたり6,099円です。

なお、SSDの記事はこちら

intel_nuc_6.jpg

チップについているメモリモジュールを見てみましたが「PATRIOT」と書いていました。
AmazonのレビューによるとSamsungやMicron、Hynixのレビューが有りましたがそれらしい記述はありませんでした。

intel_nuc_7.jpg

Intel NUC本体です。大きさは手のひらからちょっとオーバーするサイズです。(箱のサイズ感)

intel_nuc_23.jpg

箱の裏側。
DDR4 SO-DIMM RAM(最大8GB)
2.5インチのSSD/HDD
OS
が必要と記述があります。

intel_nuc_8.jpg

箱の大きさをiPhone Xsの大きさと比較。iPhoneXsより高さはありません。

intel_nuc_9.jpg

いざ開封。本体、VESAマウント、ACアダプタ、説明書が入っています。
VESAマウントは使わないのでそっと箱にしまっておきます。

intel_nuc_10.jpg

ACアダプタは19V/3.42A 約65WのACアダプタのようです。

intel_nuc_11.jpg

メモリやSSDをつけていない状態での重さは524g。結構ずっしり来ます。

intel_nuc_12.jpg

再びサイズ比較。奥行きはiPhoneXsの8割くらいの長さです。

intel_nuc_13.jpg

高さ比較。非常に低くなっています。

intel_nuc_14.jpg

前面はUSB3.0のポートが2つとステレオ端子、ディスクLED、電源ボタンです。
黄色いUSBはUSB3.0のようですが、Powered USBなのか不明です。
なお、Amazonの説明によると、USB3.0x4、USB2.0x2となっていますが、Intel公式のデータを見たところ
USB2.0は内部端子から使えるだけの模様で実際にはほぼ使えないものと思って良いと思います。

intel_nuc_15.jpg

側面1。

intel_nuc_16.jpg

側面2。SDカードスロットとセキュリティスロットがあります。

intel_nuc_17.jpg

背面。
ACポート、USB3.0x2、HDMIx2、オーディオ端子、LAN端子となっています。
あと、排熱用の隙間があります。

intel_nuc_18.jpg

裏面。
ここから四方のネジ4つを外してパーツを組み込んでいきます。
プラスドライバが必要になります。

intel_nuc_19.jpg

開封したところ。
つけるのはSSDとメモリだけなので非常に簡単です。
SO-DIMMは斜めに刺してから倒す感じで簡単に取り付けられます。

intel_nuc_21.jpg

メモリ2枚を取り付け完了。

intel_nuc_22.jpg

SSDも差し込んでネジを締めるだけ(2箇所)SSDなので別にネジはつけなくても良いかもしれませんが一応。

intel_nuc_24.jpg

すべてのパーツを取り付け蓋を締めて重さ計測。
583gでした。

intel_nuc_25.jpg

ついでにACアダプタありの重さは817gでした。

組み上がったのでいざ電源Onです。

まずBIOSでメモリを認識しているかをチェックします。

BIOSに入るにはちょっとコツがいて電源ボタンを5秒ほど長押しするとオレンジ色に変わるので
電源を押し、そこからF2を連打します。
簡易メニューに画面が切り替わったら成功です。

intel_nuc_27.jpg

BIOS画面(Intel Visual BIOS)

intel_nuc_30.jpg

CPUはIntel(R) Pentium(R) Silver J5005 CPU @ 1.5Ghzとして認識

intel_nuc_28.jpg

Max Processor Speedは2.3Ghzとなっています。

intel_nuc_29.jpg

肝心のメモリですが、16GBで認識されました。(BIOS上では)

intel_nuc_31.jpg

Boot Configuration>OS Selectionで一応今回使用予定のLinuxを指定。
ついでにNetwork Bootは使用しないので、Disableに変更。

intel_nuc_36.jpg

SATAでTranscendのSSDも認識しているのを確認しこれでマシンの構築は完了です。

ついでにメモリにエラーがないかMemTestを実行します。

intel_nuc_1.jpg

1ループしかしていませんが、メモリにエラーがなかったので一安心。

MemTestでも16GB(ビデオメモリ共有のため15.6GB)と認識されており、問題なく8G以上が認識され使用できることが確認できました。

これにて構築編は終了となります。

次回: BIOSアップデート編



TP-Link スイッチングハブ(5ポート) 10/100/1000Mbps対応 TL-SG1005Dレビュー

TL-SG1005D

購入: Amazon.co.jpから
購入日: 2019年01月11日
購入時価格: 1,243

tp-link_hub_2.jpg

ONUからネット回線を分離させようと思いこのHUBをチョイス。

今までのネット構成

[ONU]===[ルータ1<IPv6パススルー IPv4 PPPoE>]===[ルータ2<IPv6 IPoE>]===[各PC]

新しいネット構成

[ONU]===[HUB<TL-SG1005D>]+===[ルータ1<IPv6 IPoE>]===[各PC]
              +===[ルータ2<IPv4 PPPoE>]=無線のみ=[各PC]

内容物

tp-link_hub_3.jpg

本体、ACアダプタ、説明書、お知らせの4点。

背面

tp-link_hub_1.jpg

5ポートHUB(すべてギガビット対応)

全面には電源LEDしかなく、背面でリンクしているかのLEDが点灯します。

フロントにLEDがあったほうがわかりやすいとは思うのですが今回の用途は単にONUからLANの分離なので特に問題ありませんでした。

内部リンクの速度もルータの公称値くらいは出ており、問題はないレベルでした。

発熱はほとんどなし。

総評

やはりフロントにリンクのLEDがあったほうがひと目でわかりやすいのでその点は減点。

ただ、この値段でギガビットのHUBを入手することが出来ます。

参考までにですが、2013年に購入したI-O DATAのギガビットHUBは1,935円で購入していました。

評価

★★★★☆

(5点中4点)



iPhoneXをバッテリー交換+タッチパネルの交換プログラムに出してみた。

  •  
  •  
  •  Category:
  • Apple

2018年内まで、iPhoneXまでのモデルが3200円(税別)でバッテリー交換することが出来ます。

1年ほどしか使ってませんがはどうぇ管理人のiPhoneXもバッテリー交換に出してみました。

また、タッチの問題に対する iPhone X ディスプレイモジュール交換プログラム というのもあったので

こちらも合わせて適用可能かまずAppleのサポートに電話で聞いてみたところ、(必要があれば)可能ということだったので両方一度に適用してみることにしました。

現在(2018年12月)は店頭修理は駆け込みで非常に予約が取りづらく、1週間先も取れないという状態になっているので配送修理を選択。

ただ、使えない期間が1〜2週間発生し、Appleはその間の代替機は貸し出してないとのことです。

はどうぇ管理人はこっそりiPhoneXsを入手したので問題ありませんでした。

まずは電話でバッテリーを交換したい旨と、タッチパネルの症状(はどうぇ管理人の場合はタッチしても反応しないことがある、ような気がする)を伝えます。

バッテリー交換は3200円(税別)、タッチパネルの交換は無料です。(交換プログラムのため)

決済方法は代引とクレジットカード2種類が使えます。今回はクレジットカードを選択。

電話でメールアドレスを伝え、すぐ決済のメールが飛んでくるのでAppleのWebから決済します。

次に集荷日時を決めます。翌日できるかと思ったのですが2日先からでした。

12月7日に指定した所ヤマト運輸が集荷に来てくれました。

はどうぇ管理人のiPhoneXはすでにXsに移行していたため初期化済み、保護フィルムなしの状態でヤマトに渡しました。

実際は、Suicaを使い切る(または移動する)、ケースや保護フィルムを外す、iPhoneを探すを無効化しておく必要があります。

Appleのマイサポートで経過情報が見えるのですが、12月8日の土曜日に荷物は着荷してる感じでしたがステータスの変更はありませんでした。

2018年12月7日〜12月24日

iPhoneBattery1.png

修理が混み合っているようで、ずっと上記画像の状態のままでした。

2018年12月24日

iPhoneBattery2.png

やっと到着となり、「お客様の製品を検査しています」の状態に変わりました。

12月26日

iPhoneBattery3.png

「修理が進行中です」 のステータスに変わりました。

iPhoneBattery4.png

同日夕方頃のステータスですが修理が終わって発送する準備をしているようです。

12月27日

iPhoneBattery5.png

やっと製品が返送中になりました。

ヤマトで送られてくるようです。

2018年12月28日

ヤマトで治った製品が送られてきました。

iPhoneBattery6.jpegiPhoneBattery7.jpeg

タッチパネルの交換プログラムも一緒に出していたのですが、不具合は発生せず、交換されませんでした。

また、普通に動いていたと思われたスピーカが何故か交換対象になっていました。(こちらは無料の模様)

ここまでかかった日にち:20日(12月8日〜12月28日)

一週間か10日くらいと言われましたが倍の時間がかかっていました。

これは通常使用しているユーザにとっては厳しい期間となっています。(代替品も貸してくれない)

お得にバッテリー交換を行えるのは、2018年12月31日までとなっています。


Portable watch charger(Apple Watch4充電用)レビュー

Portable watch charger

購入: Amazon.co.jpから
購入日: 2018年11月15日
購入時価格: 2,211

Amazonで旅行時に携帯できる良いチャージャーはないかと探していた所ちょうど良いものを発見

こちらを買ってみました。

usb_charger2.jpg

Amazonの表記上はApple Watch1、2、3までの対応となっていましたが、3も4も同じ充電器なので
使えると思って購入。

バッテリー容量は950mAのようです。

Apple Watch4のバッテリー容量は約225mA(40mmモデル)のようですので、3回ほど充電できる計算となります。

usb_charger3.jpg

向かって右側のボタンを押すと電池残量が確認できます。

usb_charger4.jpg

実際に置いて充電してみた所、充電されました。

総評

AppleWatchが充電80%ほどから充電してみた所、インジケータが2まで減りました。
おそらく、公称のバッテリー容量よりかなり低いのではと思います。

そして、充電している最中でも途中で充電が途切れ再度設置すると充電が再開されます。

Amazonのレビューには発熱がひどいなどのレビューが見受けられましたが特にそういった事はありませんでした。

販売元に問い合わせた所、30%を返金するという対応で落ち着きました。
そもそも配送用パッケージに5ドルの表記があったので本来は5ドルで売られているものなのかもしれません。
(台湾から国際書留で送られてきたので送料で高くなってそうなイメージがあります)

評価

★☆☆☆☆

(5点中1点)


by カエレバ


Taiwan Post の荷物受け取りと追跡

以前、China Post の追跡を記事にしましたが、今回Amazonで買い物をした所 Taiwan Post という台湾の郵便会社から送付されることになりました。

その荷物の受け取りと、追跡方法を書いていきたいと思います。

購入日は2018年11月15日です。Amazonに書いてあった到着日は11月19日〜11月26日となっていました。

購入日の数時間後にすぐ発送しましたというメールがAmazonから届き、お届け予定は11月26日となっていました。

taiwan_post.png

追跡は AfterShip というサイトを利用しようとしましたが、結果的に日本郵便のページのほうが早く更新されていたので日本郵便の追跡ページで追跡しています。

2018年11月15日から毎日チェックしていましたが、初めて反映されたのは4日後の11月19日。


11月19日

日本郵便のサイトでも国際交換局から発送という表記になりました。

taiwan_post2.png


11月20日

変化なし


11月21日

変化なし


11月22日

変化なし


11月23日

国際交換局に到着したようです。

ここから通関の手続きがされ、配達される予定となっています。
おそらくここに到着してから2〜3日で配達されるので、予定通り26日となりそうです。

またこの時点で、外国来郵便が国際書留に変わりました。

taiwan_post3.png


11月24日

通関手続中に変化しました。

taiwan_post4.png


11月25日

無事税関を通過し、通関から発送され荷物を受け取ることができました。

国際書留でしたので、受領印が必要でした。

taiwan_post5.png

現在、住んでいるところが神奈川県なので国際交換局から近いということもあり予定より1日早く受け取ることができました。

届いた商品の大きさはかなり小さめ。

usb_charger1.jpg